競馬をやめた先にある世界

競馬をやめたい人へ やめても楽しい休日は過ごせます

理想の週末のはずが(競馬を再びやめて3週間)

今週も

何はともあれ競馬を休むことができた。これで3週連続。

月~金の仕事が毎日21時か22時に終わるという状況で、とにかくゆっくり休みたかったので、自分の強い意志でやめたというわけではないのだが・・・

土曜日は

朝もゆっくりできたし、昼もぐっすり布団に入って休むことができた。

いっぱい寝ても疲れはとれないのだが、とにかく布団に入って好きなだけ寝れたのは、心の底からありがたいと思った。

日曜日は

午前中に家事を片付け、久しぶりに妻と息子と3人で外出した。

さいたま新都心ヨドバシカメラで加湿器を買い、帰りは浦和ロイヤルパインズホテルのディナーバイキングを楽しんだ。

バイキングは1万円を少しオーバーしたが、息子も、華やかな料理を見て食が進んだようだ。辛いと言いながらも、うまそうにカレーを食べていた。

食わず嫌いのところもあるのだが、食べたことのなかった料理にも口をつけていたので、親としては嬉しい。

妻も「どれもおいしい」と満足な表情だったので、家族全員が暖かい気持ちになれたような気がして、幸せな気持ちで帰途についた。

1万円あれば、家族3人幸せな気持ちになれるのである。

それなら

これで競馬ともお別れできるか、というと、またそこが難しい話なのである。

土日のレース結果を見て、私の心はにわかに曇り始めたのである。

「あぅっ」と声が出てしまったレースが2つあったからである。

まず1つ目は、土曜・ターコイズステークスのミスパンテール

昨年の優勝馬である。

しかも私は昨年、このレースを単勝で取った。

横山典がゴール直前神がかり的な末脚で抜け出したレースである。

レース結果を見て、昼寝している場合じゃなかったと思った。

出馬表を見なくても、出走していることは容易に想像できた。

先月末に失った10万円や15万円は、ここまで取っておくべきだったかと思った。

昨年優勝馬単勝9.9倍。美味しすぎる馬券である。

そして2つ目は、日曜・南総ステークスのアルマエルナト

中山1200専用馬である。

しかも私は前回勝利時(21戦前)、単勝で取っている。

この馬は中山1200なら走るということはバリバリ頭に入っていた。

昨年の南総ステークスも一昨年の南総ステークスもたしか買っている。

単勝12.6倍。これも私の中では美味しすぎる馬券である。

過去に的中させた馬というのは、相性がいい馬であることが多い。

来なそうなときは自然と馬券から外せるし、来そうなときは、どんなに近走が不振でも自信を持って迷うことなく買うことができる。

賭ける側からみると、過去の的中馬というのは貴重な財産(持ち駒)ともいえる。

たくさんのレースに挑戦しただけあり、私にはまだたくさんの財産があるのだ。

もし、この週末

仕事の疲れをいやし、家族との幸せな時間を過ごせた上に、これらの馬券を取ることができてたらと思うと、ちょっと心の中がざわつきはじめた。

1場につき3レース程度に絞り、朝のうちに馬券を買い、夜寝る前にレース映像を見るようにすれば、日中に機嫌を悪くすることなく、家族に迷惑をかけずに競馬を楽しめるのかなとか考えたり・・・

150万のカードローンも、おとなしく月7,000円前後の利息を払い続けていれば、平常の生活は送れるものの元本は減らない。

これを打破するには、やっぱり競馬しかないのかなとか考えたり・・・

上の2レース以外にもアドマイヤマースは前回も単勝取ったし、これも的中できたかもとか考えると、心の中は大騒ぎである。

来週は、中山大障害有馬記念。それを乗り越えてもホープフル。更にその先に金杯

どこまで過去の自分との約束を守れるのだろうか。

来年はプラス収支にしようという思いが、沸々とわきあがってしまっているのが実情だ。

とりあえず2週間競馬休んだ

11月末に

競馬を再びやめようと決意し、とりあえず2週間競馬を休むことができた。

やめたではなく「休む」という表現が今の自分の煮え切らない正直な気持ちである。

決意を簡単に破ることはしたくない。でも・・・という感じである。

ここ2週間は

こどものイベントがあったり、なにせ仕事が忙しかった。

昨日(土曜日)も、金曜までに作業が終わらず急きょ休日出勤し、9時から21時半まで働いた。

EXCELにずっと向かい合っていて、パソコンに魂を持っていかれそうな感じになりながら、ようやく仕上げた。

今日(日曜日)はとにかく寝て疲れを取りたいと心底思った。

競馬をやろうという気持ちには全くならなかった。

だから自分の意志で積極的に止めたという感じではない。

競馬をやめてから

なぜか体調がよくなく、先週は声が出なくなったり風邪の症状がひどかった。

たぶん、こどものイベントのときに親子合わせて500名くらいいたので、そこでもらったのだろう。

もしかしたら、その前から息子が咳をしていたので、それをもらったのかもしれない。

でも、声が出なくなるほどひどくなったのは私の中では珍しい。

変な話だが、競馬に参加していることが心の支えで、その支えがなくなってしまったからなのかなとも思う。

風邪のひきはじめの頃は、マスクをしていなかったこともあって、会社の人にも移してしまったようだ。私以外にも声が出なくなってしまった人がいた。

40代にもなって、そういうエチケットというかマナーを守れないのは本当に恥ずかしい話である。

競馬で借金を積み重ねた上に、仕事も切羽詰まった状態とはいえ、自分の健康管理はおろそかにしていい理由にはならないし、もっと周りのことも考える心の余裕は残しておきたい。

そういうことができていることが、競馬をたしなむ最低条件である。

今はとにかく苦しい

仕事とカードローン150万のことが頭から離れない。

利息だけで月6,000円~7,000円くらいだろうか。

妻もこどもも、あまり体調がよくなく、生活にも余裕がない。

本当はこどもに箸の持ち方でも、ゆっくり繰り返し教えたいとでも思っているのだが、なかなかそんな余裕もなく、ついつい後回しにしてしまっている。

仕事が定時に終われて、貯金はともかく借金もなく、健康にも過ごせるということが、どんなに幸せなことかというのを、つくづく感じる毎日である。

やっぱりこういうときに、気分転換させてくれるのは競馬なのかなと、競馬にすがりたくなる。

1日1場につき3レースに絞れば、もっと収支がよくなるかなとか考えてしまう。

年間で864レースやって、1万円ずつ勝負して、1000万円回収するくらいなら、なんとかできるんじゃないかとか考えてしまう。

さきほど、土日のレース結果を見たのだが、田中勝春単勝2,000円の穴を2つもだしていて、そこだけはちょっと歯ぎしりしてしまった。

トーセンリラとシャインヴィットゥ・・・ともに過去に狙った馬である。

宗像きゅう舎と小野きゅう舎。取りたかったなぁ

また明日から

仕事だ。でも、行くしかないよな。

サンデーナイトデプレシング ~JCの夜に思う~

ちょっと気取って

日曜日の夜の憂鬱を英語にしてみた。

もう、競馬のせいでこんな憂鬱な日曜の夜(そして月曜の朝)を過ごしたくない。

今日で最後にしたい。

思えば

およそ半年前、5月26日の夜、私は久しぶりに手に取った勝馬新聞をわくわくしながら読んでいた。

ダービーの予想のためである。

勝負はダービーと目黒記念の2つだけと決めていたが、他のレースの馬柱を見ても知っている名前がたくさんいて、乾いた綿が水を吸い込むがごとく、頭の中にインプットされていく感触があった。

そして翌日、ダービーを的中させ、私の心は本当に満ち足りていた。

しかし、この半年後に1ヶ月で180万、今年通算で200万を失うことになる序曲になるとは思わなかった。

痛恨だった。

ダービーのとき、このお金のいくらかは競馬でいずれなくなるだろうとはなんとなく思っていた。

しかし、夏競馬で全額失った上に、ここまでひどい目にあうことは全くの想定外だった。

禁断の実をかじってしまってから、ちょうど半年。

私の中ではいい止め時だと思う。

イルミネーションの中山開催も思い出いっぱいで、波乱続出の中京競馬と楽しみは尽きないのだが、仕方ない。

今、

本当に精神的に苦しい。

身体中が痒くて仕方ない。

家の中の雰囲気もだんだん悪くなってきた。

息子がちょっといたずらしただけで怒鳴りつけてしまった。

妻も3か月前にパートに出てから疲れがたまっているのだろう。

最近、機嫌悪い日が多くなった。

そして今日は、競馬で負けて機嫌悪くならないでと言われてしまった。

結婚5年ともなると、もう新婚のときのような雰囲気はない。

新婚早々、馬券で冷蔵庫とテレビを調達したときには、我が家の中でも競馬に対する印象はよかったんだけど、もう今は考えられない。

仕事のことも日曜の夜になると急に頭をよぎる。

今、年末調整に向けての作業がピークを迎えている。

事務量も多いうえに、スケジュールも厳しい。

臨時で採用しているスタッフさんにも的確に指示を出していかないといけない。

先週のノルマはどうにかこなしたものの、3連休で少し改善案を考えようと思っていたのに全くできていない。

また昼飯にありつけない1週間が続くのだろうか。

あちこちから質問を受け、発生した問題に対処し、やったことに対してもいろいろ文句を言われ・・・

それでも応援してくれたり、見守ってくれたりする人がいるからいいんだけど。

でもやっぱり仕事が怖い。

カードローンの返済はどうしようか。

少なくとも借金持ちの状態で競馬を再開することはあり得ないだろう。

最近はカードローンが当たり前という状態になってしまっているので、カードローンがないのを当たり前にする意識改革が必要だ。

とにかく今からでも仕事の改善案を考えて、少しでも明日の朝の憂鬱を減らしたい。

それがせいいっぱいだ。

日曜日の競馬を終えて、心底競馬をやめたいと思ったあなたへ伝えたいこと

先週

2018年11月18日。

最後の15万円大勝負にも敗れ、競馬を再びやめると宣言したものの・・・

11月24日(土)に20万円、11月25日(日)に10万円とまた大勝負をかけてしまい、そしてあっさり敗れ去った、40代も半ばを迎えようかという男である。

本当に意志が弱くて情けない。

この1ヶ月で200万近くを失った。年間収入500万前後の男である。

運にも恵まれなかったとは思うが、これが実力なのだと思う。

ただ、最後の大勝負3回は、負けるべくして負けたという感じである。

止めるための、自分を納得させるための儀式といった感じだ。

カードローンを限度額までいっぱいまで使うという経済的な自殺行為である。

妻からも、競馬で機嫌悪いのをこどもにぶつけないでくれと言われてしまった。

自分では必死に抑えているつもりだったのが、家族に迷惑かけるようでは終わりだ。

正直、この一言が一番堪えた。

もう競馬を止める、なんとしてでも止める!

もし

私と同じように、自分や家族をこれ以上不幸にしないために競馬を止めたいと思う人がいたら力になりたいと思う(というか、まず自分に向けて力を尽くせとも言えるが)。

ひとまず、以下の手段をとってほしい。

1.即PATの解約(日曜日の即PATが閉じるまでに)

即PATというだけあって、やめることもすぐできる。

但しクセ物なのが、即PATが開いている時間帯(金曜日の夜~日曜日の夕方)にしか解約できないという点だ。

なので可能であれば、日曜日のうちに解約してしまうことだ。

入出金メニューから手続きができる。

長年競馬を続けている方だと、A-PATの方もいるかもしれない。

その場合は解約届が必要となるので、速やかに印刷し、できることなら投函してしまいたい。

A-PAT用の口座は引き続き普通預金の口座として使うことができる。

2.Club JRA-Net、JRA-VANグリーンチャンネル、レーシングビュアーの解約

特に後ろ3つは課金対象なので、速やかに解約したい。

他に馬三郎とか競馬ブックの解約も行う。

しかし

自分の中で止めるという意志がなければ、この2つは全く意味がない作業だ。

現実、私は11月18日に2.の作業について実行したが、結局この週末にJRA-VANとレーシングビュアーについて再契約してしまったのである。

即PATの解約は今さっき初めて行ったのだが、なにせ即PATである。

やろうと思えば来週にも再登録できてしまうのである。

そう思うと、昔のA-PATというのは開始までの手続きは煩わしかったが、ある意味良心的だったのかもしれない。

競馬を始めるのは簡単な一方、止めるのは難しい時代になった。

止められない仕掛けはいたるところに用意されている。

「だめ、絶対」は覚せい剤だけでなく、競馬等のギャンブルにも言えるかもしれない。

競馬を全く知らない人を気軽に競馬場に連れて行ったりするのは、実はすごく危険な行為だ。

私は自分で競馬に興味を持った人間なので自己責任だが、もし誰かに連れていかれたことがきっかけで、今の立場だったら連れて行った人を恨んだかもしれない。

大多数は自分でコントロールできる人だと思うが、私のようなコントロール不能になる人間も一定数いるのである。

3.JRAやnetkeiba等、競馬関連のホームページをお気に入りから削除

これもyahoo等で検索すれば見つけられるのであまり意味がない。

しかし一発で開くことができないことで、もしかしたら見る回数が減るかもしれない。

ちょっと心の誘惑があったとしても、自分で抑えることができるかもしれない。

お気に入りにあるということは、自分の道具箱にあるということである。

お気に入りから外すことは、一旦道具箱から捨てることになる。

止めるための第一歩と考えたい。

4.翌週の特別登録を見ない・出馬表を見ない

私の中では、これが一番大事だと思っている。

見てしまったら、歯止めがきかない。今回もこれで失敗した。

11月22日(木)寝る前についつい見てしまった。

もう見てしまうと、心の中に火がついてしまい炎が燃え盛ってしまう。

競馬をやっているものの性である。

どうしても気になるのなら、レース終了後に結果を見るようにする。

(全く競馬のページを見ないのも、むずむずして落ち着かない)

まだまだ

いろいろ書きたいことはあるが、どうか一緒に頑張って自分や周りの家族が幸せな気持ちで過ごせるようにしたいものである。

そして、負けたものは仕方がない。これからをどうするか、それを第一に考えよう。

きっと競馬以外にも幸せな世界はあるはずだ。

苦しい思いをしているのは、あなただけではないよ!

再び競馬をやめる(0日目)

結局

11月の開催日6日間で、約150万円の敗北をしてしまった。

6日間で196レース。1レース1万円勝負だったので回収率は20%台といったところだろう。

競馬の真の怖さを改めて見せつけられることになった。

今思うと(というか、その時点で悪い予感はしたのだが)11月の最初の開催日、3日(土)のハナ差負けが悪夢の始まりだった。

もし、ピンと来た方がいれば、ぜひコメントをいただければと思う。

本当にタチの悪いハナ差負けで、このひとつの馬券上の大事故が、そのあとに激しく尾をひいてしまった。

流れを戻そうとしたが、さらに事態は悪化し、2頭のどちらかを選ぶかの選択を誤り、30倍台の配当を逃したり、もう7~8レースくらい痛恨の判断ミスを重ねた。

11月10日(土)の福島放送賞や、同じ日の京都最終レースのハナ差負けも精神的にきつかった。

馬券の選択ミスと僅差負け。精神的に堪えるこの2つの事象が交互に繰り返し、あっという間に負債は広がっていった。

今までの自分だと、1日1日負け額をしっかり頭の中で理解し、だからこそ憂鬱な気分になったのだが、なんかこの数日は負け方があまりにもひとすぎて、すごい負けなのに、収支とかも、ろくすっぽ確認もせず、過ごしていた。

しかし、銀行のカードローンは着々と増え、消えることはない。

でも、このままでは引き下がれない。

どこかでけじめはつけないといけない。

一方で、仕事も1年で一番厳しい時期を迎えていて、その苦しいストレスから一瞬でも競馬で逃れたい。

競馬でスカっと勝って、その勢いで仕事を乗り越えたい。

なんか酒や覚せい剤で、仕事のストレスから逃れたいというニュースを時々聞くが、まさにそんな心境だった。

もうなんか訳も分からず、自分の中の心の整理ができず、とにかく目前に仕事が迫っているから、身体が動くがままに任せて、毎日を過ごしていた。

そんな中、今週(11月17日~18日)の開催で勝てなかったら競馬をやめようと思った。

金曜日、やっとのことで仕事が終わり、夜中の1時頃から予想を始めた。

しかし、睡魔がひどすぎて30分でKO。5時に目覚ましをかけて、6時にやっと起きた。

それから冬の間近の寒さの中、約2時間半予想し、即PAT投票を済ませた。

そんな努力(正直、こんな短時間では努力のうちにも入らないが、自分の中で精一杯やったということで努力といわせていただく)もむなしく、当たったのは単勝170円と180円の2レースのみ。

東京スポーツ杯2歳ステークスを筆頭に、判断ミスで落としたレースも多かった。

フルーツラインカップを筆頭に、ゴール寸前で夢が砕かれるレースも多かった。

とにかく、ひどい負け方だったが、もう私の感覚はマヒしていて、やっぱりこうなるかと、もはやあきらめの心境だった。

そして今日の日曜日の競馬は前回のブログ通りに購入したので言わずもがなである。

アンナペレンナの道中での手ごたえが悪く、私の予想の限界というのを改めて思い知らされることになった。

ゴールを過ぎ、なんかすがすがしい気持ちになったのは、何故なんだろう。

このレースだけで15万も飛ばしてしまったのに、焦りとか怒りとかそういう負の気持ちが起きなかったのはなぜだろう。

多少の出遅れはあったにしろ、これが競馬なんだなと思った。

これで

競馬をやめる心の準備は整った。

何日続くのか、自分でも半信半疑なのだが、JRA-VAN馬三郎とレーシングビュアーは解約手続きした。

JRAとnetkeibaのショートカットも削除した。

この数ヶ月で作りこんだ資料も全部パソコン上から削除した。

ここまでの経緯と今後の経過については、また改めて。 

5開催日で100万円の敗北 最後の望みをかけて

長い話になるので、詳細は省略するがタイトルのような状況を作ってしまった。

4回東京の4週間はプラス収支で終えたのだが、5回東京になってから状況は一変。

1レース単勝1万円勝負で、この有様である。

もう、止めざるを得ない状況になってしまった。

11月19日(日)も全36レース勝負するが、そのうち1レースだけ起死回生を目指しての勝負に出ることにした。

アンナペレンナ号である。

以前ブログで10月2日(火)の阪神競馬で目を付けて以来、3戦連続の本命である。

36レースのうち一番自信があり、かつ配当的にも妙味ある一戦。

単勝10万円と最近自分の予想で2着が多いので馬連も計5万円購入した。

とりあえず、19時40分頃までは単勝1.0倍だった。

苦しい状況で負ければ、ふたたび競馬をやめた先にある世界へ向かうこととなるが、明日の13時55分まで、一晩だけでも夢を見たい。

追記

残りのレースについても、予想と投票が終わった。

この中に救世主となる馬は現れるのか、1頭でも多く先頭で駆け抜けてほしい。

福島

ロードリバーサル

アメイジングセンス

プロネルクール

リリーシューター

ウインカートゥーン

フュージョンロック

タイセイラビッシュ

エルブラン

シェルブルック

アイネバーフェイル

エポック

エヴァイエ

東京

マーヴェラスロード

グラデュアリー

タイセイスパーブ

ファムファタル

ショウナンサジン

スズノムサシ

ラスティユース

ミッキーワイルド

レディマクベス

アルクトス

アードラー

ダノンキングダム

京都

サルトアトランテ

アロハブリーズ

シャイニングデイ

レイズアフラッグ

オーラクルム

モズソノママ

スターリーステージ

アンナベレン

ジョニーズララバイ

フライングレディ

ロジクライ

ロードリバーサル

 

明日の夜は私の目の前にはどんな運命が待っているのだろうか。怖い。

でもやっぱり楽しいんだよ、競馬は。

今週こそリベンジだ(最終報告)

今朝

ベランダに出たら、ひんやりした風が吹いていた。

もう今年の夏は完全に終わったと思った。

散々な洗礼を浴びた私の夏競馬も、昨日で終わった。

なんとか夏競馬の負債を取り戻したかったが、力及ばずである。

lifespring.hatenablog.com

lifespring.hatenablog.com

lifespring.hatenablog.com

 結果は

48万円投資して、払戻は35万6千円。的中は7レースであった。

これを見ると完敗であることは認めざるを得ない。

しかし、私の中の競馬に対する炎は消えそうにない。ちょっと強くなった。

まず火曜日の阪神でプラス収支にできたことが大きい。

12万円が16万7千円になった。的中は2レース。

ちょっと振り返りたい。

まず、最初の的中は4Rの障害未勝利 ニホンピロボーラー。

正直、単勝1,210円は驚きの好配当だったし、ニホンピロの馬で的中したのがうれしかった。

2週前、新馬戦で一度は本命にしようと決意した、ニホンピロヘンソンを私の弱気の虫のために捨ててしまい、単勝3,200円を取り逃してしまっていた。

あのときは前日に単勝55倍のギンゴーの単勝を取り逃しているうえに、本当に負けが込んでいて私の心はすでに崩壊していた。

ニホンピロヘンソンは安達厩舎ということで気になっていたが、単勝オッズを見て私の心は他の人気馬に揺れてしまった。

ニホンピロの馬なんて、昔の勢いはないしなぁ(馬主さんごめんなさい)

安達厩舎もここ数週は好調だが、いきなり新馬勝ちするかな(先生ごめんなさい)

しかし、結果は完勝。ますます私の心は傷だらけになった。

そして今回

出馬表を見て、真っ先に気になったのがニホンピロボーラーであった。

先行力はあり飛越は問題ないようだ。折り合いが課題とのことだが、夏休んでいる分だけ、他の馬と比べてフレッシュなのではというジャッジをした。

その結果、熊沢騎手の好騎乗もあり、先頭でゴールを駆け抜けた。

即PATで購入するまで、オッズをみなかったこともよかったかもしれない。

弱気の虫が発動することなく、自分の決断を馬券に反映できたと思った。

過去の失敗を糧にできたと思った。

もう一つの的中は、6Rの500万下 タガノリアン。

タガノの馬は来ると大きいイメージがあり、取りたいと思っているのだがなかなかうまくいかない。

今回は人気だったが、しっかり的中できてうれしかった。

あと鮫島良太騎手が乗っても勝てるような馬が、降級同条件となれば、私の中では文句なく買いである。

あと

買わなかったことを惜しまれるのは、1Rの2歳未勝利 ファイアーボーラー

障害戦でメイショウボーラーの産駒を狙ったなら、芋づる式にファイアーボーラーも買いたかった。

メイショウボーラー産駒なら、初ダートは条件好転だし、北海道の2歳未勝利で5着・4着なら力は上だろう。

狙ったビオレイメルも初ダートの変わり身に期待しただけに、ちょっと悔やまれた。

最後に

友道厩舎はさすがだなと思ったのが、3Rの3歳未勝利 パープルヒストリー

中野銀十オーナーのパープルの馬は私も好きなので、真っ先に目に入ったのがこの馬だった。

2月の3歳未勝利の4着は、夏の3歳未勝利の4着と比べて価値は遥かに上だ。

しかし6ヶ月休養というのは、どうしても評価は下がる。

気になって気になって仕方なかったが、結局は買わなかった。

結果は2着。もう1戦あれば勝てるところだったが、こういう厳しい条件であってもしっかり仕上げてきたのはすごいなと思った。

この馬は、たぶん地方で圧勝してJRAに戻ってくると思う。

もし友道厩舎に再入厩することがあれば、初戦から狙えそうだ。

こうして

競馬に向かってみると、やっぱり楽しくて、輝いていて・・・