競馬をやめた先にある世界

やめた先に待っていたのは、やはり競馬でした。一度ハマったらどうなるのかを綴っていきます。

まったく借金が減りません

私にとって

鬼門である2週めの壁を乗り越えようとしている、土曜日の夕方である。

レース結果を見て、今日も「あぁもう1走早く来てくれていれば・・・」と思うこともあるが、利用停止の身では、どうしようもない。なすがままである。

たしかに、新白河まで行けば、新たにカードローンを作れば、家の財布から金を抜けば、親父の即PATを乗っ取れば・・・とか抜け道はあるのだが、そこまでやる気力があるのなら、まずは借金減らせよという話である。

しかし

返済に向けて、具体的な動きを何一つできていないというのが現実である。

今、カードローンの総額2,858,000円で、残枠が142,000円ある。

しかし、それは後日払わなければいけないものを、妻や母から先に預かっているだけ。

あわせて99,487円。その中には息子のランドセル代も含まれている。

そのほかに週明けの7日(月)に、約定返済として50,000円を普通預金にいれておかないといけない。

厳密に言うと、少し足りていないことになる。

やれたこととしては、結婚後も私が払い続けていた実家のプロバイダー料金を、実家のADSL光回線切り替えを機に、実家に請求が行くようにしたことくらいか。

工事費無料のキャンペーンとか、一定期間プロバイダー料金無料のキャンペーンも適用してもらい、これが親へのささやかな罪滅ぼし。

これで私の財布的には、月2,200円の節約。年26,400円、10年で264,000円。カードローンの利息分に消えるだけなのだが、少しでもね。

あとは

テレホンカードを売りたいと思うが、いろいろ歩き回っても50度数で250円が精々なんだよな。固定電話の料金払いに使うのが一番効率がよいのだけれど、我が家には固定電話がないので、そういう使い方もできない。

本をブックオフに持って行っても、古い本では10円だし、不要なものをトレジャーファクトリーに持ち込んでも数百円。

賭けても地獄、断っても地獄。小銭1枚も愛おしく思う45歳の夏の終わり。