競馬をやめた先にある世界

私にとって競馬をやめることは、人生をやめることなのかもしれません

土曜競馬は完敗、日曜競馬で巻き返す(日曜狙い馬追記)

土曜競馬は

午前中2つの的中を決めて、勝利に向けて一歩ずつ進んでいると思われたが、午後は的中なしで結局は17,800円の敗北に終わってしまった。

惜しい4着というのはあって、案山子に怒りをぶつけたくなるときもあったが、複勝だけでなく単勝も買っている以上、3着争いでワーギャー言っているようでは、ちょっとみっともない。見苦しい。

当然悔しいし、私の心の中は、明日の夕方に向けて嫌な予感しかない。

それが偽らざる事実である。やっぱりお金を失うのは怖い。そんな状態で迎える月曜の朝を思うと恐怖はMAXとなる。

とはいえ、便座に座ってなんだかモゾモゾした状態で立ち上がることができないのと同様、ここまでやっておいて日曜は競馬断ちなんてできるわけもない。

今日の結果は事実として粛々と受け止め、明日の勝利そして今週の勝利に向けて、心をフレッシュな状態に戻すことを心掛けるのみである。

競馬においては、今日の悪手は明日の好手ということが往々にしてあるので、失敗を糧にするというのがすごく難しい。

自分の思いを貫き通すか、それとも方針転換するか。

こういう気持ち的に苦しいときに、どこまで崩れずに踏ん張れるかがすごく大事だと思う。

今、16時前。土曜最終レースに手を出さないように、自らの弱い心と格闘中でもある。

厳しい結果、嫌な予感、弱い心、押し迫る借金、恐怖な未来・・・

そんなときに必要なのは、自分を信じること。それを英語でコンフィデンス(Confidence)と言う。

私が

競馬予想家の中で、今もっともコンフィデンスマンだなと感じるのは、日刊競馬の小木曽大祐氏である。

この方を知ったのは、ラジオNIKKEIの競馬中継の解説である。

グリーンチャンネルと違ってラジオNIKKEIの競馬中継だと、レース前にはワンポイントアドバイスとして、レース後にはレース回顧として解説を聞くことができる。

数週聴き続けて、この人の予想通りに買っていたらガチマイナスだなとは思った。

しかし、この人ホントよくしゃべるなというくらい、いろいろな情報がザクザク出てくるし、自分の中でモヤモヤしていることを、きちんと言語化して気付かせてくれる。

とても表現上手な人だと思う。

「体力勝負、切れ勝負」という表現だったり、「並走は馬の負担が大きい。それでも手ごたえよくて大丈夫かなと思ったが、やっぱりダメでした。」と自分の予想通りの結果にならなくても笑い飛ばす解説を聞いて・・・

「あぁ、これほどのレベルの人でも、思い通りに行かないんだ」と思うとちょっと心が穏やかになったりすることもあって。

奥様は、元ダービーニュースで現在は同じ日刊競馬の沢田トラックマン。

夫婦でトラックマンだと、どういう生活なのかなと思うが、価値観は合うのかな。

最後に小木曽さんの名誉のために記しておくが、先週の秋華賞マジックリアリズムを抜擢した見事な予想だった。

アナウンサーから褒められても、「当たったときだけでなく、外れたときも強調してくださっていいんですよ」と返す小木曽さん。

先々週は全然ダメで「気持ちを入れ替えて来週は頑張りたいと思います。失礼します。」と番組の最後を締めたが、見事な有言実行だった。

僕も、その言葉に支えられた1人。ただ何度も言いたくはないフレーズではある。

 

日曜・東京

1R サムライスピアー(柴田善・菊川)

2R ワンデイモア(田辺・国枝)

11R アポロテネシー(北村宏・鈴木伸)

日曜・京都

1R スギノマジェスティ(池添・上村)

6R グレースオブナイル(松若・杉山晴)

12R タガノプレトリア(太宰・宮)

日曜・新潟

4R オウケンブラック(江田勇・田中剛

9R トロイカ(斎藤・大久保)

11R ミキノドラマー(菊沢・南田)