競馬をやめた先にある世界

やめた先に待っていたのは、やはり競馬でした。一度ハマったらどうなるのかを綴っていきます。

完敗翌日

3連休が

終わろうとしている。

連休前の予定では、土日の競馬で好成績を収めて、今日はこれからの仕事に向けての下準備を心穏やかにしようと思っていた。

しかし、予定は大幅に狂った。

lifespring.hatenablog.com

そういえば、

10連休のときも、惨敗ですべてぶち壊しになってしまったな・・・

lifespring.hatenablog.com

もう仕事の下準備なんかできるような心境ではないので、今日はとにかく思いのままに過ごすことにした。

ざっとまとめると

①.地方競馬には参戦しなかった ⇒ 自分をコントロールできた、よし!

②.海の日でもパチンコ参戦しなかった ⇒ これで丸1年禁パチできた、よし!

③.息子と鉄道乗りつぶしの旅に出かけた ⇒ 息子も喜んでくれた、よし!

④.昨年の新潟・小倉・札幌競馬を徹底分析した ⇒ 手ごたえあり、よし!

⑤.夕食はとんかつ和幸の弁当を食べた ⇒ やっぱり美味かった、よし!

⑥.参議院選挙の期日前投票に行った ⇒ こちらの投票も大事だ、よし!

なんか、意外といい休日になった。うれしい!

とはいえ

盛岡競馬のマーキュリーカップは気になったので、レースリプレイを見てしまった。

まぁ、私の信条を貫きとおす限りは絶対に取れない馬券だったので、やらなくてよかったと思う。

しかし、ちょっと鮫島良太騎手に対する評価が自分の中で変わった。

なかなか、いい騎乗だったんじゃないかと思う。

グリムを外からマークして、あわよくばグリムを外からまくって蓋してしまって、先に抜け出そうという作戦のように見えた。

結果的にはグリム(というか武豊騎手)のほうが1枚(というか10枚)上で、あっさりと抜け出したわけだが、2番人気・3番人気の馬を抑えて2着を勝ち取ったのだから乗り方としては満点といえるだろう。

ノーブルサターンでは、昨年の福島・安達太良ステークスでもロスのない競馬で快勝しており、しっかり結果を出していると思う。

これから小倉競馬が始まる。地元開催だし、お父さんからの小倉コース攻略のアドバイスもあるだろう。小倉68勝は、全10場のなかで一番多い勝ち鞍だ。

今まで、当ブログでは散々叩きのめしてしまっていたが、こういう競馬をしていれば成績は伸びてくるはずだ。

ほかにも

私の中でのNG騎手として、丸山騎手、鮫島克駿騎手、団野騎手、木幡巧也騎手、木幡育也騎手、木幡初也騎手らがいるのだが、どうしたものかと思う。

ちょっと私も感情的になりすぎて、徹底的に馬券から外してきたのだが、こういう惨敗をしてしまう遠因なのかなとも思う。

競馬サークルにおいても、柴田大騎手と栗田博調教師、後藤騎手と伊藤正調教師というように、いろいろわだかまりを抱えつつも、再びタッグを組むということもあった。

競馬サークルの話とは違い、私がNG騎手とお話をする機会はないと思うが、やっぱりいいイメージを持っていたいなと思う。

そのためにも馬券力を磨いて、その騎手が勝つときに単勝をビシッと買って、先日の七夕賞のときのような喜びにひたりたいものである。

あと私は、四位騎手、吉田豊騎手、福永騎手に対してはどんなひどい騎乗を見せられても、ずっと応援したいという気持ちが揺るがないのは、やはり私の一口の馬を勝たせてくれたという感謝があるからである。

やっぱり初勝利のときの四位騎手と、そして東京競馬場ウィナーズサークルで福永騎手と一緒に写っている口取り写真は一生の宝物だ。

あと

再来週からはじまる、新潟・小倉・札幌競馬の昨年を振り返った。

JRA-VANとインターネット馬三郎があると、振り返りもずいぶんしやすい。

あくまでも昨年の結果なので、これが今年も役立つかどうかは分からないが、知らないよりは全然いいと思う。

少し考え方を見直そうと思った。

私は常々、一発決めたいと書いているが、私の中での一発とは具体的には30倍以上の的中である。

しかし単勝が3,000円以上になるレースは、12レースあっても1レースあればいいほうで、1日3場開催であっても1個も出ない日もある。

もちろん立て続けに出る日もあるので、そういうときに立て続けに決められればいいのだが、実際のところ、そんなうまくはいかない。

立て続けに出ても、ことごとく逃し続けてみじめな気持ちになってしまうのが現実だ。

なので10倍以上を的中を一発と考えようと思った。

10倍以上を3つ決められれば、30倍を1つ当てたのと同じだし、収支を安定させるには大事なことだと思う。

私はオッズを見ない予想を心掛けているので、結果的に大きく跳ねてくれれば理想的なのだが、当面は収支の安定を一番の目標にしたいと思う。

もう1週間で314,000円の負けなんて、長く競馬を続けていきたいなら絶対にあってはならないことだ。

競馬に絶対はないのだけれど、どんなに不振な週であっても賭けた金の半分は回収しないと、年間トータルでも勝てないし、精神的にもよくない。

今日は

息子と一緒に出掛けようという気持ちになって、周り一面が田んぼという景色をみて、だいぶ穏やかな気持ちになることができた。

そして帰りには、とんかつ和幸の弁当を買い、夕飯は家に帰って家族3人で楽しく食べることができた。

気持ち的にはまだまだつらいが、それでもなんとか明日会社には行けそうだ。

そして今度の週末は、まずはこの悪い流れをとめて、1,000円でもいいので勝ちたい。

最終的には、夏競馬のうちに、314,000円を奪還するのが目標だ。

NG騎手との仲直り(といっても一人仲直りだが)も、この夏の宿題だ。