競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

自滅

今日は

勝つチャンスを自ら手放してしまった。

せっかく福島日曜3R・フィストバンプで復活の狼煙を上げたのに、私は2つ大きな馬券を逃してしまった。

福島4R・ウエスタンランポと中京7R・ダイメイギンガである。

特に後者は、一旦JRA-VANの予想印欄に◎を打ち込んだのに、即PATで購入する直前に鮫島克騎手のアナスタシオに乗り換えてしまった。

早朝5時半の出来事である。

これも週末の疲労と土曜競馬の大惨敗が引き起こしてしまったとしか思えない。

鮫島克騎手は、昨日私が勝負した中京10Rのスズカフロンティアでなかなかいい騎乗を見せてくれたので、今日も買ってみようと情に流されてしまった。

一番やってはいけない負け方である。

2つ決まれば合計42万9千円。今週どころか先週の負けまでかなりカバーできてしまう金額である。

本当に真っ青になった。目の前を火花が散ったようだった。

なんか会社でトラブルをやってしまったようなのと同じような感覚である。

全責任は自分なので、誰かに謝らないといけないわけではない。

いや、本当なら妻や息子、あるいは産んでくれた両親に謝るべきであろう。

この人たちは私が競馬をやっていることは知っているが、まさかこんな離婚に発展してもおかしくないような状況になっていることは知らない。

今日負けたお金があれば、温泉旅行もラクラク行けるし、もっと幸せな気持ちにさせてあげられるはずなのに・・・

わざわざ故郷から私のところに来てくれた妻にたいして、僕はきちんと幸せにする義務がある。一応きちんとした家は用意しているが、妻は一緒に暮らしていて楽しいと思ってくれているのだろうか。

僕はとても、思ってくれている自信はない。

毎週のようにこんな散財をしてしまって、たぶん老後に僕は猛烈に後悔することになるだろうと思う。

若い時の自分を恨むだろうな、きっと・・・

もうすでに12時間前の自分を恨んでいるぐらいだから。

せっかく

新馬戦の全然走らない頃から応援してきたフィストバンプが必死に頑張って未勝利を脱出して、僕も単勝馬券を当てることができたのに全く嬉しくない。

まさに今までの努力の積み重ねで勝ち取った単勝なのに、気分が全く晴れないのは本当に歯がゆいし、もったいないし、つらい。

そしてまた明日から地獄の会社だ。

どこもそうだと思うが、やってもやっても片付かない。息つく暇がない。

来週こそなんとかしたい。もう本当、土曜競馬の大敗をなんとかしないとどんどん悪循環だ。

本当、今週はなんとか1,000円でも勝って悪い流れを止めるのが目標だったが、みずからそのチャンスを手放してしまった。

後悔とタチの悪い疲労で、本当に苦しい夜になりそうだ。生きていくのが怖い。