競馬をやめた先にある世界

やめた先に待っていたのは、やはり競馬でした。一度ハマったらどうなるのかを綴っていきます。

土曜日問題、再発

土曜競馬は

3つの的中を決めたものの、62,000円のマイナスとなった。

午前中は松山騎手で2つ決めて、今日も行けると思ったのだが・・・

それにしても、ルメール(札幌4R・レッドクレオス)は・・・

今年13回単勝を買って、回収率は驚きの0%

まったくもって、私の個人的評価は最低ランクである。

本当に相性ってあるんだなと思うし、あるいは狙いどころが全然ダメなのだろう。

どうしても当てにいきたくてルメールを買ってしまうのだが・・・

こういう取りに行ったレースで外してしまうと、ほんとガッカリする。

あとは、内田・・・

すごいときを知っているので、本当は応援したい騎手なのだが、

今年15回単勝を買って、回収率はなんと0%

今日の新潟12Rのムーンシュトラールの騎乗には本当にがっかりした。

他にも、荻野極(札幌2R・ダブルーン)

今年18回単勝を買って、回収率はまたまた0%

最後に、武藤(新潟11R・エポック)

今年12回単勝を買って、回収率はやっぱり0%

それなら

買わなきゃいいのに・・・と自分でも思う。

でもやっぱりどこかで、過去の負け分を取り戻したいという思いが強くて、気が乗らないのに買ってしまうのだ。

やっぱりこれも、ギャンブル障害の典型的な症例である。

いろいろ私はこのブログで、いかにも自分を律しているみたいなことを書いているが、所詮、心の中はこんなものである。

私のようになってしまったら、一生ギャンブルから離れられない。ゴールが見えない戦いを続けるしかないのだ。

そんなしんどい人生は送りたくない!と思う方は、的中の快楽を覚える前に、競馬の世界からは一刻も早く離れたほうがいい。

最高の幸せは、ギャンブルでの的中の快楽を知らないことである。

一方で

私のように競馬歴を重ね、的中の快楽を覚え、人生の折り返し点を回った人たちは、いばらの道を進むしかないというのが私の中の結論である。

今さら止めようとしたところで、待っているのは禁断症状とメリハリのない毎日と残った借金。

それなら、推定2%の勝ち組を目指して精進するしかない。

痛い目にあって、死にたくなるような思いをして、ぶつけようのない苛立ちを抱えながら、的中を目指して頑張るしかない。

そして勝てないのなら、がむしゃらに仕事で結果を出して借金を返済するしかないのだ。

あとは

自分が持っている武器を、勝負どころに備えて不断の努力で磨いておくしかない。

勝負どころは突然やってきて、チャンスは一瞬で過ぎていく。

厳しい世界である。

8月11日、西田騎手が1日2勝をあげ、私はいずれも単勝を決めることができた。

lifespring.hatenablog.com

しかし、先週と今週においては西田騎手を狙おうにも、なかなか買えるところがない。

日曜日にも直線競馬での騎乗はあるのだが、さすがに・・・

それでも

2週前、息子が予想してくれた、ゴーストの単勝をしっかり仕留めることができたし、賭け金の60%は回収できたので、明日もなんとか戦えそうである。

以前のような、的中ゼロのストレート負けとかに比べたら、全然天国である。

疲れも抜けないし、来週の仕事の心配もちょっとあるんだけれど、今晩はしっかり予想に専念して、明日の朝には、自分の中で心底納得できる予想を完成させたいと思う。