競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

やっとの思いでパチンコの呪縛を振り切る

もう

仕事よりも競馬とパチンコに塗れた1週間だった。

土曜・日曜・月曜はJRAで勝ち切れず

火曜は、やっとの思いで出勤するも翌日の浦和競馬で頭がいっぱいで

水曜は、参戦したもののケツの毛まで抜かれた上に、やけくそパチンコで炎上

木曜は、せめてパチンコ分の負けだけでもと願うも、返り討ちにあい

ようやく今日は仕事をがむしゃらに頑張り、定時で終えて、家にまっすぐ帰った。

またパチンコ・・・という気持ちもあったが、もう店が視界に入らないようにして、なんとか家に辿り着いたという感じである。

ただ、パチンコは仕事の生産性を猛烈に上げる効果もある、とも言える。

一刻も早く、パチンコ台の前に座り、魚群を見たい!という思いは、今まで面倒だなと思っていた仕事にも効果は絶大だった。

現実に、今週は今までたまっていて、なかなか手をつけずに逃げ腰になっていた仕事に向き合うきっかけになったのは事実だ。

でも、やっぱり15,000円入れて、クソつまらないノーマルリーチばっかりで魚群一つ出ずに、店を出たときの虚しい気持ちを思うと、やっぱりダメだ。

今日は本当に気持ちよく仕事が片付いて、残業なしで会社を出れたので、土日の勢いをつけるための前夜祭だ!という気持ちにもなりかけたが、やっぱり負けた時の後悔を考えると、ここは踏ん張らないといけないと思った。

あと今日もパチンコ屋に行ってしまうと、来週もずっと行きそうな気がして・・・

何よりも決め手になったのは、今日は妻と息子と3人で穏やかな気持ちで、質素な食事だけれど一緒に夕飯を食べたいという気持ちだった。

ずっと毎日、すごい苛立った後悔だらけの気持ちでの夕飯だったから。

でも、こういう愚行を犯してしまったことで、日々の穏やかな生活がどれほど貴重なものなのかというのを教えられた気がする。

パチンコだけでなく

競馬でも、この20日間で愚行の極みを尽くしてしまった感がある。

単勝以外の券種に手を出し、南関競馬に手をだし、しまいには高知競馬にも大金をドカドカ投入し、正月も川崎競馬に全力投球して完全燃焼してしまった。

中央競馬が始まっても、賭け金を下げることができず、それでもタピオカパワーで復活成ったと思われたが、それでも勝ち切れず、魔界参戦で5万円ストレート負け。

でもこういう経験をしたことで、昨年、単勝1万円勝負を1年間ルールを守って続けた不断の努力の大切さを改めて感じることとなった。

そして、水曜日の浦和競馬でようやく賭け金を、2万円から1万円に戻すことができた。

参戦した最初のレースでマークシートを記入するときに「1」にマークした。

なんで、これをもっと早くできなかったのかな・・・

もう今は、2万円賭けたいという気持ちは全くない。本当に不思議だ。

1万円で地道に結果を出し続けようという気持ちのみである。

土曜・中山

1R ヒガシヴァルキリー(藤井・林)

3R セイリングバリュー(津村・鈴木伸)

5R ラストエクセル(M.デムーロ・伊藤大)

7R レイナブローニュ(内田・古賀慎)

9R オムニプレゼンス(津村・国枝)

11R ジャンダルム(藤井・池江)

土曜・京都

3R フォーテ(岩田望・藤原英)

5R アズマエピカリスシュタルケ・河内)

7R リトルウィッチ(岩田望・千田)

8R エイシンヨッシー(小牧・今野)

9R ノーブルカリナン(四位・友道)

12R ドラウプニルシュタルケ・斉藤崇)

土曜・小倉

1R キョウエイリヴァル(小林・武藤)

4R ナゲキッス(小林・大江原)

6R ティボリドライヴ(菱田・石坂公)

8R ノーブルプルート(嶋田・水野)

9R タガノスカイハイ(菱田・角田)

11R リリックドラマ(菱田・岡田)