競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

さすがに疲れた、無念だがこれが私の実力

日曜競馬は

的中1つにとどまり、土日トータルも14,400円のマイナスになってしまった。

中京の菱田騎手が勝ったレース2つは、当てたかったな。

土曜は2つ、菱田騎手の馬を買ったが結果が出なかったので、なんとなく避けてしまったらこの有様である。

しつこく追いかけ続ける大事さは分かっているのだが、まだ耐えられる力は残っていなかったというか、違うところで力を使い尽くしてしまったというのが実情だ。

力の使いどころを間違えてしまった。

小林凌の不甲斐ない競馬を見て、心底疲れた。

勝てないことは仕方ないんだけど、あまりにも競馬の内容が悪すぎて。

技術面でも気持ちの面でも、伝わってくるものがない。

騎手にすべての責任を押し付けてはいけないのも分かっているんだけど、けっこう関東の若手にしてはチャンスをもらっていると思うんだけどなぁ。

浦和競馬で豪快な差し切りを決めたレースに惹かれて、もっと活躍できる騎手と思ったのだが、私の見る目が間違っていたようだ。

まぁ一番の被害者は、さんざん使い倒されたグレートコートやスターオブフォースなのだが。

ルメール

いる競馬場は全敗覚悟!と書いたが、他場で結果を出せるからこそ、そんな強気を言えるわけであって、今日みたいな結果になってしまってはお手上げである。

なんか、もう名前を見ただけでウンザリという気分である。

江田照騎手も、先週は鮮やかな活躍を見せてくれたが、今週はサッパリ。

私も含めて、先週は鬼の居ぬ間の洗濯という感じだったのかな。

まぁもう、とにかく疲れた。

実は日曜の競馬予想も、土曜の夜も集中力が続かず、日曜も6時に起きようと思ったのだが、8時に起きるのが精一杯だった。

そうなれば、細かく分析していけば見つけられるヒントも見つけることができないし、うわべの情報だけで判断した馬券になってしまう。

でも、当然ながら平日は仕事がある。どうしても限界がある。それだけに尚更、今自分が持っている情報や知識を有効に活用したかった。

どうみても、小林凌よりは菱田だろう。

「しっかりしろ、そんな余裕あるのか?、目を覚ませ!」と自分に言いたい。

こんな状態になっても競馬を断ち切れないのもどうかと思うが、それでもやるなら、もう結果を出すしかないのだから、もっと真剣に予想をしないといけないし、勝負したレースを観戦するときも、もっと熱い気持ちで臨まないといけないと思う。

なんか妙に冷静な気持ちでレースを見ている自分がいた。

今、思うと、競馬ができることに満足してしまって、勝利に向けての燃え滾る気持ちが足りなかった。

「やめられないなら、もっと真剣にやれ!まさか金額を下げたから真剣度が下がったわけじゃないだろうな?」と重ねて自分に言いたい。

今週においては、もし1万円勝負なら72,000円負けるところだったのが、14,400円で済んだと前向きに考えるしかない。

唯一

歓喜の瞬間となったのが、ヴィルデローゼの勝利。

このブログに多くのコメントをいただいている方の一口の馬で、今日が引退レース。

岩田望騎手に導かれて、見事に抜け出した。

私も4戦連続の単勝勝負で、ついに的中できたし、6歳3月まで最後まで走りぬくのは大変なことである。本当にご苦労様という思いである。

と同時に、ヴィルデローゼの一口会員の人は嬉しい夜になるだろうなと思う。ほんと、無観客競馬になってしまったのが・・・現地で応援したかったよね。