競馬をやめた先にある世界

やめた先に待っていたのは、やはり競馬でした。一度ハマったらどうなるのかを綴っていきます。

川崎競馬できっかけを

今日は

有給休暇を取ることができたので、川崎競馬をやってみることにした。

浦和の現金投票のみ!とブログでは宣言していたが、なんかいい勝負ができそうな感じがするのでチャレンジしてみたいと思う。

実は

2月23日(火)の浦和競馬から、競馬ブックのWebライト版を使って予想をしている。

私はあまり競馬ブックには愛着はないのだが(競馬ブックで仕事をされている方、申し訳ありません!)、やはり情報量はダントツだし、あと中央競馬だけでなく地方競馬でも使えるというのが今回選んだ理由である。

2019年は、馬三郎を使っていたのだが、レース後のコメント情報が少し物足りなかったのと、地方版がないというのが・・・

あと紙の新聞は馬三郎のほうが見やすいのだが、パソコンだと競馬ブックの方が見やすいと感じたのも決め手。

2月23日と25日の浦和競馬、そして2月27日と28日の中央競馬で、プラス収支に持ち込むことはできなかったが、なんか少し手ごたえが感じられつつあるので・・・

となると

それまではどうしていたかという話になるが、実は専門紙は使っておらず、私の頭だけで勝負していた。

2019年は馬三郎を使い、そこそこの結果は出せた。

2020年も年始は引き続き馬三郎だったのだが、全然当たらないし、読めば読むほど順当な馬券を選ぶ方向に進んでしまい、読んでもムダだと思い、解約してしまった。

今更な話なのだが、順当な馬券を選ぶ方向に流されてしまうのは新聞が悪いわけでなく、自分の心の弱さだったり、余裕のなさのためである。

こうして、フォームを崩してしまった私はますます泥沼に入り込んでしまって現在に至っているわけである。

本当は

専門紙を見なくても、馬柱を見て勝負気配を読み取れるくらいでないと、AI馬券には到底対抗などできないのだが、やっぱり今の自分に馬柱だけで勝負気配を読み取るのは厳しい。

となると意地を張らずに、オーソドックスにもう一度イチからフォームを構築していくしかないのかなと思った。

そして

もうひとつ今日からチャレンジしてみたいことがある。

全レース勝負はするのだが、1場につき勝負レースを3つ決めて、勝負レースだけは倍の金額を賭けることにする。

なので今日の賭け金は1,500円。

 

14回川崎3日 1,500円→2,950円 +1,450円

5R ビービーグラビティ

 前走の勝馬は次走もV。町田騎手2度目で脚のつかいどころも分かったと見て。

 →1.0秒差の6着。今日は逃げ馬の活躍が目立ち、後方からではどうにもならず。

10R ウインプラウ

 中央500万下との交流戦だが、この馬は前走中央1000万下で転入初戦。条件有利。

 →0.7秒差の7着。川崎所属馬の方が格上だった。中央500万下勢にも先着を許し完敗。

12R ストームシップ

 ひと息入れての地方3走目、距離延長。森騎手に手戻りし、変わり身あると見た。

 →1.8秒差の10着。変わり身はなかった。

 

1R セブンミラクル  2R ニットウナナ 単210円  3R シカイリョーコー

4R ミヤビキング 単490円  6R ランニングクラウド 7R カゼノウタ

8R ウインアルバローズ 単730円  11R ジョエル 単1,520円 

9R フロントウイング(キタノマナザシ出走取消のため)