競馬をやめた先にある世界

やめた先に待っていたのは、やはり競馬でした。一度ハマったらどうなるのかを綴っていきます。

まだ中間点、反撃あるのみ

土曜競馬は

レート上げて、先週の日曜に続く的中ゼロ。

思わず、最後の18個めのハズレが確定した瞬間、天を仰いでしまった。

自分に対する苛立ち、結果に対する苛立ち。

もう、最悪という感じである。

非常に苦しい展開になってしまったが、タイトルにも書いたようにまだ中間点。

直線競馬に例えれば、あと500メートルあるし、最後の1ハロンで大逆転もある。

劣勢のときには、いつも書いていることだが、まずは早めの的中で反撃ムードが醸成されることを願うのみ。

なんとか夕方のブログでは「執念ドロー」以上の記事を書きたい。

 

日曜・中山

3R シュルレアリスト(丸山・清水久)

5R ヴォリータ(石川・斎藤)

6R ロングラン(大野・和田勇)

7R アビッグチア(嶋田・堀井)

11R タイセイアベニール(武藤・西村)

12R タマノジュメイラ(永野・伊藤大)

日曜・阪神

2R スカイドゥエラー(高倉・杉山晴)

4R ヴァトレニ(中井・長谷川)

6R ビーアイフェリペ(岩田康・新谷)

8R ハイパーノヴァ(古川吉・大根田)

9R シャンブル(デムーロ・吉村)

12R ヴァイトフリック(横山武・和田正)

日曜・新潟

1R ホノノルーカ(小林凌・林)

3R テンプシーロール(小林脩・黒岩)

5R ノーブルオリンピア(勝浦・武藤)

8R エリモグリッター(古川奈・中野)

10R ロードオマージュ(菱田・尾形)

11R ジョーフォレスト(菱田・清水久)