競馬をやめた先にある世界

やめた先に待っていたのは、やはり競馬でした。一度ハマったらどうなるのかを綴っていきます。

日曜競馬は全滅

日曜競馬は

あり得ることとは思っていたけれど、こうして現実に起こってしまうと、キツイ。

うわぁ、本当に来たか、この結果!といった感じである。

土曜と同じようなやり方で予想を組み立ててみたのだが、これが現実か・・・

なんか

賭け式をどうするか悩み続けたこの土日だった。

ワイド2点より1点に絞った方が精度が上がるのかな、でも単勝に加えてワイドの予想もするのはけっこうしんどいんだよな、でも単勝1本はやっぱり不安だし・・・

なんか同じことを繰り返し繰り返し悩んでいて時間がもったいないなと思う。

ただワイド2点は、実際に買ってみてちょっとムダな買い目を誘発することになってしまう気がした。

単勝1点か、単勝1点+ワイド1点か、負け額を緩和するためにワイドを買うのか、単勝全滅でも勝てるためにワイドを買うのか・・・

そこをきちんと自分の中で決めないとダメだなと思う。ワイドを買う理由が決め切れないのなら、不安はあるけど肚を決めて単勝1本で行くしかない。

しかし結局は、どんな賭け式を選ぶにしても、勝負馬の精度をもっと高めないと悲惨な未来が待っているのは間違いない。

土曜で土日トータル勝利を決めたのはよかったが、やっぱり心の油断ができてしまったのかな。

繰り返しになるが、どんな賭け式を選ぶにしても、勝負馬はやっぱり1着が見込める馬を選ばないといけない。

ワイドがあるから、3着以内でもいいかっ!

という緩んだ気持ちが勝負馬の精度を落としてしまったような気がしてならない。

そう考えると、やっぱり不安な気持ちがあったとしても、単勝1本で勝負するしかないのかなと思う。

そのためには、1着の倍以上の回数味わうことになるであろう2着・3着の悔しさも受け入れる覚悟を決めないといけない。

なぜ、倍以上って言い切れるのかって?

穴目狙いな買い方をしているからである。

土日プラス

収支で終えられたのだけれど、後悔の念でいっぱいな日曜の夕方である。

勝利を決めた次の日とか次の週に、大敗というのは一番あってはならないことだと自分の中で言い聞かせているのに、やらかしてしまった。

最近結果を出している、横山武騎手、泉谷騎手、そして新人の小沢騎手を狙い打ちするくらいの勝負をしたかった。

予想と結果を見比べてみると、やっぱり僕は買う騎手の平均年齢というか年齢層がちょっと高すぎるのかなと思う。

年齢だけで判断するのはザックリすぎるのだが、もう少し若い騎手への投資というか選択をしてもいいのかなと感じた。

まぁ具体的な騎手名は出さないけれど、「勝つ気あるの?」と言いたくなるような騎乗もあった。

とは言え、そういうのを勝負馬にしてしまう私も「当てる気あるの?」と言われても仕方ないなと思った。

でもやっぱり、ここは決めてくれるんじゃないかと信二てるから買ったというのも事実だ。

しかしデビュー2戦目の馬を狙うのは、なかなか難しいなと思う。

私は今までデビュー戦惨敗の馬を2戦目で狙っていい思いをしたことが結構あるので、なるべく狙うようにしている。

今週も、経験馬相手のデビュー戦でそこそこの結果が出て、2戦目での更なる上積みを見込んで買った馬がいたのだが、デビュー戦よりもよくない結果が出てしまった。

相手関係とかもあるから単純ではないと思うんだけれど、一筋縄ではいかないなと思った。

レースを経験することのメリットは当然あると思うのだけれど、その反面、疲れが出たり、馬のテンションが上がってしまったり、レースの怖さを知ってしまったりとか、デメリットにも目を向けないといけないと感じる。

人気以上に走ってしまった馬というのは特に、反動が大きく出る可能性はある。

私も土曜に実力以上に激走してしまって、上に書いたようなデメリットがあったのかなと思う。

でも、いずれにしても終わったこと。

日曜の競馬が終わると

なぜか急に仕事のことを思い出す。

金曜日の夜まで頭の中央にあったことが、しばしの間、端っこに避けていてくれたのだが、長年の習慣というか、ちゃんと元に戻るのだ。

ひとつひとつの業務を思い出すたびに、気持ちが重くなるし、職場の人とのコミュニケーションのことを考えると、やっぱり気持ちが重くなる。

この業務、スケジュール通り終わるのだろうか?

また、ちょっとしたことで○○さんから嫌みを言われてしまうのかな?

今週はなんとか助かったが、さらに、そこに土日の競馬で負けたお金のことを考えたら・・・

本当に苦しい時間だ。

そんな中でも、休みの日くらい家族の話を聞かないといけない人もいれば、中には月曜の朝までに一仕事終えないといけない人もいるかもしれない。

そうやって家族や仕事と向き合いつつ、なんであの馬券買えなかったんだろうな・・・と心の中で後悔と格闘している。顔には出せないけれど。

中には、融資をしてくれるカードローン会社を探しまくっている人もいるだろう。

私は全部経験済みだ。

本当は競馬なんてやめられるならやめたほうがいい。

まだ傷が浅い人、普段は競馬のことなんかまったく考えない人、やめる強い意志がある人は一刻も早く。

ただ私は重度のギャンブル障害だと思う。このセルフチェックでも依存症の疑いありと言われた。

http://www.koeikyogi.jp/addiction/self-check.html

そして僕には、ギャンブルで勝ち続けることしか自信を取り戻す術はない。

正しいことかどうかは分からない。世間一般の基準では間違っているのだろう。

ただ、何度もやめることを繰り返す実体験で自分なりに出した結論だ。

負けたとき、唯一心の支えになるのは、来週の競馬での勝利を夢見ることである。

その勝利を現実にするためには、月曜日から金曜日の1週間を乗り切ることが必要だ。

疲れていても、気持ちが切れそうになっても、高い壁があっても、来週の競馬に参戦することを支えに、乗り越えてきた。

幸か不幸か、ひとつの会社で逃げずに25年以上仕事を続けることができたのも競馬があったからこそ。

私が大学を卒業したころは、まだ終身雇用という考え方が根強かった時代。

しかし今は、多様な働き方が尊重される世の中。なんか自分たちが培った考え方が軽んじられる時代になってしまった気がして。

20代から築いてきたものを50歳近くになって変えるのは難しいと思う。

歯をくいしばって抗いたいと思う。そんな簡単に変えられて堪るかと思う。

そういう意地とかが、生きる原動力、妻と息子を守る原動力なのかなと最近は思っている。

そのためには、やっぱり勝ち続けるしかない。勝ち続けるのは無理だとしても負けないようにするしかない。

とは言え、土日全滅なんてことにでもなったら、そんなこと恐ろしくて考えたくもないという現実逃避の気持ちもあったりして。

自分でも言っていることが矛盾しはじめた。どんなに強気なことを綴っても一歩踏み間違えたら・・・という不安があるのは確かだ。

そこがAIになくて、人間にある弱さだ。

克服するためには仕事も頑張って、予想の方も勉強して、結果を出し続けるしかない。