競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

勝ち切れない、船橋突撃も・・・

土曜競馬は

午前中は藤岡佑騎手が、そして秋山真騎手が決めてくれて、これは激熱の展開になるかと思ったが・・・

その後13連敗で結局は20,400円の敗北となってしまった。

そのうえ、お舟さんにも手を出してしまい更に4連敗で8,000円の敗北を上乗せしてしまった。

先週に比べれば状況は改善されているし、賭け金の半分は回収できているので、普段だったら日曜競馬で頑張ろうと切り替えられるのだが、なんか最初の2レース連続的中で期待が大きくなってしまったこともあってか、出た結果に対する苛立ちがすごい。

もう負けられないという気持ちが強すぎて、でも実際問題、もう負けるわけにはいかないのだから、心が荒くれたままで突き進むしかないのかなと思う。

なんか小倉のメインでひどいものを見た気がしなくもないが、これは馬券的に難しい騎手と分かったうえでの勝負だから、まぁ仕方ない。

でも、なんか全体的にチグハグ。少しずつずれているのが本当に腹立たしい。

そういうズレを調整することができない自分にすごく腹が立つ。あとこれは自分の心の狭さというか余裕のなさからなのだが、もう野中あたりに来られちゃうと、もうお手上げだ。

そんでなくても切羽詰まっている状態なのに、取れるわけねぇだろ、バカ野郎!という感じだ。

丸山買うと、野中とか藤田が来たりして、本当に自分の狙いの悪さに腹が立つ。

根本きゅう舎の一姫二太郎は、根本調教師が育て上げた3人なだけに頑張ってほしいという思いはあるのだが、なかなか個人的な馬券の相性はよろしくないのが現実だ。

飯田祐きゅう舎の馬も、今日はなんとかしようという思いは伝わって来たのだけど、結果が出ないもどかしさがある。

実は

先週日曜のブログに、地方競馬は一旦お休みして・・・というようなことを書いたが、月曜・火曜と大井競馬に突撃した。

でも、月曜は後半2Rで複勝4,000円ずつ失ってしまった。

もうやめないとと思いつつ、それでもどうしても納得いかなくて、火曜は最終Rで一頭だけ、そして資金配分も一晩迷って、単勝2,000円・複勝8,000円と決めた。

そして火曜の20時50分。ようやく願いが通じた。

スランプに打ち克ったという満足感が身体中に染み渡ったという感覚だった。

難しい狙い目だったんだけど、勇気を出して1歩踏み込むことができた。金額というより、勇気を出して飛び込むことができて、その成果が無駄にならなかったことが本当に嬉しかった。

ランパクと西騎手。内側からズバッと抜けてきたあのシーンが、週末までの仕事にもへこたれない心の支えになった。

そんな中で迎えた週末だっただけに、今日の不甲斐ない結果がどうしても許せなかった。

いい流れで土日を迎えるために、不安を感じながら予想するような土日にならないように、仕事でも競馬でも精一杯、気持ちのコンディションを整えてくれた過去の自分に対して、本当に申し訳ない結果になってしまった。

それで、火曜日の再現を狙って船橋に突撃したのだが、やはり前夜から仕込んで、そのうえ一発勝負に全集中で賭けるのと、急きょ丸腰で乗り込んだのでは、結果が異なるのも当然で・・・

分かっているんだけど止められないというのが、私の心のスペックである。

なぜ

今、こうして苛立っているのかというのは自分でも分かっている。

日曜分の予想をしているものの、勝利の期待より敗北の不安のほうが大きいからである。

こういうときに、気持ちの入れ替えとか、発想の転換とか、短時間でスパっとできるかどうかというのが、こういうギャンブルだけでなくビジネスでも大事な要素になってくるのかなと思う。

ある意味、ギャンブルは心を鍛える最強のトレーニングではないかと思うときがある。

たとえ、どんな理不尽な理由であっても負けは負けと認めなければいけないし、負けても諦めない根性も必要だし、恐ろしい結果が待っているかもと分かっていても勝つためには崖のギリギリまで、あと一歩前へ進まなきゃいけない。そして勝ったら勝ったで安心なんかしていられなくて、次の勝利に向けて攻め続けないとあっという間に泥沼に引き戻されてしまう。

BACHプラザ同様、休むことなく続けて、そして勝ち続けなければならない。1つの選択で運命が正反対になる恐怖とも戦わないといけない。

日曜の朝までにどこまで悔いなく予想できるか、そして日曜の夕方、日曜の夜にどんな景色が見えるのか。

僕の生き様を見ていただければと思う。

 

日曜・福島(1R・4,000円)

2R ボーンディスウェイ(木幡巧・牧)

 姉は福島走ったバーミーブリーズ。1800の大外は不利だが、縦長の展開とか木幡巧騎手のさばきで乗り越えてくれると信じて。

3R フォートレスヒルデムーロ・青木)

 前走の勝ち馬はGIホース。距離延長がいい方に出るとみた。青木きゅう舎は通算40勝のうち13勝が福島。デムーロ騎手を起用することに勝負気配を感じた。

10R トキメキ(田辺・斎藤誠

 真夏に成績を上げてくるミルファーム。休み明け2戦目で田辺騎手。再び進撃。

11R ホープフルサイン(柴田善・本間)

 前走はこの馬にしては前目の競馬で惜しい3着。2度めの善臣騎手で今度こそ。

12R トモジャドット(三浦・小笠)

 前走の出遅れが脚質の幅を広げた感。斤量増は気になるが、プラス材料を優先。

日曜・小倉(1R・4,000円)

4R フィッツカラルド(幸・飯田祐)

 もう1日だけしつこく狙ってみる。幸騎手への手替わりで新しい面が出れば。

6R エイシンイシュタル(川須・矢作)

 2歳時の実績を考えればここでは力上位。もう一度狙ってみる。

8R ジュストコル(福永・大久保)

 差し不向きの馬場での前走2着は価値あり。福永騎手が1番枠をどう乗りこなすか。

10R メディクス(団野・渡辺)

 前走のような位置取りだと厳しいが前に行ける馬。秋山真騎手が小倉にいるのに団野騎手に変えてきたきゅう舎の勝負気配に託す。

11R クラヴェル横山典・安田翔)

 横山典騎手が乗り続けている馬。どんな手綱さばきを見せてくれるのか楽しみ。

日曜・函館(1R・4,000円)

3R ビービーダルク(武・千田)

 ダッシュ力が大事な1000メートル戦。前走見る限りヒケを取ることはなさそう。個人的には岩田望騎手からの乗り替わりは絶好の狙い目と見ている。

4R バシレウス(藤岡佑・飯田祐)

 前走3.6秒差負けは気になるが、3走前・4走前くらい走ればアッサリまで。今回はヤリと見たが果たして。

6R アンドルディース(池添・国枝)

 2歳秋にあれだけの競馬ができればアッサリまであると思うのだが。

8R フロスティクォーツ(横山武・斎藤誠

 夏競馬の基本に沿って3歳馬を狙う。実績ある横山武騎手に戻ればアッサリまで。

11R トーセンスーリヤ(横山和・小野)

 実績を比較すれば自然とこの馬かなと思う。

 あとマイネルウィルトスについてだが、確かに丹内騎手と手が合うし、前走はメチャクチャ強かったのも確か。前走買わなかったことをすごく後悔したので。ただ、ここを勝って凱旋門賞っていうのは自分としては超違和感。

日曜・船橋(1R・2,000円)

1R セイテンタイセイ(山本聡・齊藤敏)

 新馬3着。4着馬が次走1分16秒台で走っていることを考えれば、ここは時計上位。

4R ハクサンバレー(酒井・森始)

 C2クラスからC3クラスに編成された馬の中からチョイス。決めてほしい。

7R ロータステソーロ(本橋・石井勝)

 移籍3戦目、距離短縮。いい方に変わる条件が揃って。

8R キタノサブライム(張田・張田)

 これといった決定打はないが、前走並に走ってくれれば勝機あるとみて。

12R アルマス(古岡・田邊)

 川崎2000より船橋2200のほうが合いそう。素直に狙う。