競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

借金残高実況中継(2022.1.29)&日曜競馬予想

借金残高 前日 本日
-3,036,988 -3,038,569

前日比1,581円増。うち1,000円は私の両親への弁償。先週のAJCCで、両親にもラストドラフトを推奨し損をさせてしまった。

今週こそ私の両親にもキッチリ取り返してもらいたいと思う。

負債内訳 前日 本日 差額
りそな 元本 1,864,123 1,865,123 1,000
利息 10,437 10,923 486
埼りそ 元本 1,000,000 1,000,000 0
利息 2,189 2,284 95
負債合計 3,091,416 3,092,997 1,581

根岸Sは、テイエムサウスダンで行く。

資産内訳 前日 本日 差額
資産合計 54,428 54,428 0

AJCCで10,000円、月曜日の大井で33,000円を失っての敗北。まさに失敗。

月曜日の後半は、毎レース予想をしながらも

「あぁ、もうこんな辛い思いはしたくないな」と大井競馬場の指定席で呟いている自分がいた。

埼玉とは違う都会の風景が広がる夕暮れの東京モノレールに乗りながら、まだ現実を受け入れきれない自分がいた。

浜松町駅に着いても、家に辿り着くまでに気持ちを切り替えられる自信がなくて、浜松町駅の周辺を歩き回った。というより彷徨い続けた。

嵯峨谷という立ち食いそばで、もりそばを食べた。

美味しいはずなんだけど、なんか心が荒んでしまっていると味も分からなくなってしまうのかな、よく覚えていない。

街を20分ほど歩いた。立ち飲み屋だったり、うまそうな焼き鳥が並んでいる店もあった。

そういえば、交差点から光り輝く東京タワーも見えた。でも心が動かない。

特に家に帰ってからの記憶がない。月曜日の記事を見れば思い出すのかもしれないが、とにかく心の揺れを隠すことで精一杯だったんじゃないかな。

それでも火曜日以降は、月曜日の悪夢を振り払いたい一心で仕事に勤しんだ。

月給制なので、必死に働いてもほどほどに働いても定時内の給料は変わらないのに、頑張るしか自分の心を落ち着かせる方法はなかった。

と同時に、どうすればもう二度と、大井競馬場のL-WINGで味わったあんな辛い思いをしなくて済むのかと考え続けた。

競馬を遮断するのがもっとも単純な手段だが、私にはそんな選択ができるわけがなく、複勝馬券で、とにかく一戦必勝を目指すしかないと考えている。

そんな私がまず目をつけたのは、ソリストサンダー。

昨年(2021年)のかしわ記念2着でお世話になった馬である。

しかし距離が1ハロン短い気がする。少なくとも前走より条件は悪い。

そんな中、私の心を鷲掴みしたのがテイエムサウスダンである。

もう、今週はこの馬と心中しようと思った。

とにかく昨年のテレ玉オーバルスプリントの勝ち方がエグかったのを覚えている。

lifespring.hatenablog.com

私はテイエムサウスダンの単勝を100円しか買っていなかったが、その日の私の直感が、明日のレースで大きな喜びにつながると信じている。

昨年の根岸ステークスは13着、武蔵野ステークスは9着と結果が出ていないが、それで人気が落ちているのなら馬券的には絶好のねらい目だ。

日曜・東京

11R テイエムサウスダン(岩田康・飯田雄) 複勝10,000円

馬券は複勝だが、岩田康騎手のガッツポーズを見てみたい。

日曜・中京

12R ララシャンドン(和田竜・坂口) 複勝5,000円

デビュー戦で素質の片りん。再び和田竜騎手に手が戻って力が入る一戦。距離短縮もいい。

日曜・小倉

12R クロスザルビコン(小沢・大和田) 複勝5,000円

2走前は9頭立て5着だが、1着馬~4着馬のその後の戦績を見るとハイレベルな1戦だったと推測。滞在向きだし2,000も心配なし。斤量2キロ減で前走11着からの巻き返しを。