競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

敗北、60,000円

やっぱり

というか、必然というか、結局今週も負けてしまった。しかも60,500円も。

いろいろ強気なことは言ってみたものの、土曜のダーリントンホールのハナ差負けのショックを拭い去れなかったというのが、正直なところだ。

こんな精神状態で、また明日から仕事か・・・耐えられないな。

大雪降って、大混雑の電車に詰め込まれてやっとの思いで出勤して、気の重い仕事が多重に待ち構えているのかと思うと、やっぱりちょっと変な気持ちにもなる。

とにかく、チグハグ。

レースを終えるたびに、ため息、ため息、またため息。

今日は机をたたく気力すらなかった。まだ昨日は幸せだったのかもしれない。

3連休終わっちゃうな。連休前の木曜日の夕方の自分に、なんて報告すればいいのか。

今の

心理状態。

「来週こそ勝つ、60,500円奪還する」

そう考えるしかないだろう。

ここで、競馬をやめるなんて絶対に耐えられない。

もう少しなんだ、ただそのもう少しが異常なまでに果てしなく遠い。

ゴドルフィンの馬、たくさん買ったのに、アフリカンゴールドは買っていない。

無意識って怖いな。

出馬表は全レース、全頭目を通している。

でも、そのままスッと通過しちゃったんだろうな。取捨を悩んだ記憶もないんだ。

7歳馬?サンレイポケットだって7歳だし

過去には一生懸命買い続けたこともある馬だ。

やっぱり国分恭介騎手というのだけで、無意識にナシって判断しちゃったんだろうな。

レースリプレイというか、常日頃からレースを見ていない、馬柱とか結果ばっかり見てラクしようとしている自分が悪いんだ。

巡り合わせも

最悪だった。特に小倉は。

菅原明騎手、藤岡佑騎手、丹内騎手・・・みんな自分が狙った後のレースで先頭でゴールを駆け抜けた。

あり得ないんだけど、みんな僕のことをバカにしているのかなってくらい。

でも実は、小倉1R・2Rで今日の結末は見えていた。

小倉1R・2Rは富田騎手と木原厩舎の組み合わせで買ってみようと思っていたが、最後の最後に消してしまった。

僕のメモには二重線で消した後が残っていて。

2,500円ずつでも買えていれば、それでも負けていたかもしれないけれど、未来への糧にはなった。

日曜競馬の予想に取り組む姿勢も最悪だった。

ダーリントンホールのハナ差負けで、机は叩きまくるし、妻からも「差されてるよ」と冷たく言い放たれたので、妻からもらった勝馬守に対して「こんなお守り、クソの役にも立たない」と言って、雰囲気を悪くしてしまった。

いただいたコメントに対しても、カチンと来てしまって・・・

そして夜中に予想しようと思ったのだが、息子の甘い誘いに引き込まれて布団へ。

それでも5時には起きて予想しようと思ったのだが、気持ちもモヤモヤして、すごく疲れてしまって、二度寝・・・

予想は仕上げたものの、終わってみれば見てのとおり。

どうにも切り替えられなかった。

何やって

いるのかなと思う。

100,000円奪還すると宣言しておいて、終わってみれば60,000円も絞られた。

もう僕は乾ききっているのに、さらに絞り取られてしまった。

情けない。恥ずかしい。惨め。

悔しいの先にあるのは、こういう感情なのかと思った。

明日を迎えるのもしんどいけれど、今日の残りの時間もかなりしんどい。

地獄だな。

最終レースが終わった後、実家に電話した。

父も母も、全然ダメだったと言っていた。

でも、負けているのに声は全然落ち込んでいなくて。

また明日から頑張りなさいよって言われた。

強いなって思った。

父は78歳、母は77歳。毎日の家事をこなすのも大変だと思うのに、すごいよ。

46歳、最後の日曜日。

3,000,000円を割ったはずの借金も、いつの間にか3,200,000円に迫る勢いだ。

ちょっとした差が、とてつもなく大きな差になっていく。怖いなって思う。

でも、逃げていては何も始まらない。

もう一度自分を整え直そう。鍛え直そう。

そして来週こそ・・・