競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

はじめの一歩、躓く

土曜競馬は

見ての通りの完封負け。3着以内に入った馬もいなかった。

思うことはいろいろあるのだけれど、それは今日のレースが終わってから整理すればいい。

まずは前半6個レースで流れを掴んで、午後にダメ押しといきたい。

(2/20 9:45追記)

前半6個レースで1つでも的中したら、もう1頭だけ追加する。1つも当たらなかったら買わずに見守る。

日曜・小倉

5R ロッホローモンド(富田・須貝)

(2/20 15:35追記)

未練がましいがもう2頭追加する。

日曜・阪神

12R シャンブル(和田竜・吉村)

12R ジャッカル(藤岡佑・吉岡)

 

日曜・東京

1R キタノブレイド(武士沢・萱野)

2R ガンガディン(菅原明・田島)

12R フォークテイル(岩田康・中川)

日曜・阪神

1R ゼウスバイオ(秋山真・畑端)

2R クレスケンスルーナ(岡田・吉田)

8R アイヴォリーアイ(亀田・坂口)

日曜・小倉

2R ゲーテローズ(勝浦・武英)

3R ヒヤ(角田・鮫島)

12R メイショウオニテ(菱田・石橋)

 

フェブラリーステークスは見送る。テイエムサウスダンは今回は距離延長がどうしてもひっかかる。頭まではないと見た。

「1,400こそで狙える」という根岸ステークスのレース前の自分の見立てを信じる。