競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

よい負け方、悪い負け方、今日は後者

土曜競馬は

水曜大井分の1レースを加えて、48,000円投入の21,300円払戻、26,700円の敗北。

これぐらいの負けは、私にとって珍しいことではないのだが、レース結果を見て「ウソだろ」と思うことの連続だった。

あのリリーブライトの日に次ぐ、後味の悪い、実にイヤな負け方だった。

なぜなら、前走勝負馬で今回買わなかった馬が3頭も1着になったからである。

1.中京1R・リースタル(森田)単払410円

前走2着好内容だったが、今回は馬券的妙味がないと勝手に判断してしまった。

それに馬券相性の悪い、買っても買っても来ない森田きゅう舎(応援はしている)の馬を買うのがしんどくなってしまって、今回は勝負から降りてしまった。

そうしたらフライングじゃないかと思うくらいの好スタートを決めた。そして逃げ切り勝ち。この時点で今日は勝てないと思った、流れが悪すぎる。

410円もついてくれれば、メッチャ嬉しい思いができたのにな。自分に腹が立つ。

2.東京6R・キタサンドーシン(奥村武)単払1,530円

前走初ダートで8着。前走の内容が全然ダメで、前走レースが終わった後に「もうこの馬は買わない」という思いを初志貫徹した結果がこの有り様である。

ただ前走は、母・スルターナがダートで3勝しているというのを根拠に買った馬券なので、もう少し追うべきだったのかなというのが悔やまれる。

あと流れが悪いなと感じたのが、このレースで奥村豊きゅう舎の馬を買ったのに、終わってみれば勝ったのは奥村武きゅう舎の馬。

同じ1敗でも、なんか間が悪いというか、ちょっと嫌な感じな1.5敗分くらいしたように感じるのは気のせいか。

3.東京7R・ブーケドフルール(畠山)単払3,600円

「ウソだろ」という言葉が出てしまったのは、このレースの直後である。

元地方所属馬で、前走芝→ダ替わりで狙ったのだが6着。しかしながら今回の馬券は3歳馬のほうに・・・

この馬の母・クラリスピンクは東京ダで3勝。前走はそのへんの期待もあって狙ったのだが、今回は見事にスルーしてしまった。

東京が得意な村野オーナーの馬というのも少しは気になっていたのだが、どうしても今回の馬券は3歳馬のほうに・・・

難しいよな。今日の2つの的中は3歳馬によるものだし、特に1勝クラスは基本は3歳馬なので。

まぁ結果論だが、金曜の夜の時点でクタクタだったのなら、あんまり深く考えずに前走勝負馬を買っておけばよかったのかな。

ただ、クソ悪い流れだった割には、4割も回収できたという手ごたえもある。

本当にどん底だったときは、的中すらままならない地獄な状況だっただけに、そんときのことを思えば全然大丈夫。

痛恨、後悔、落胆というワードが頭ん中を回っているが、ここからどうやって立ち直るか。

今週(水土日)の圧勝は難しいかもしれないが、早い時間帯にまず1勝を目指す。

なんとか少額でも、今週もトータルプラスで終わりたい。

16:05追記 泣きのもうひと勝負

日曜・中京

12R オラヴェリタス(△松本・寺島)

水曜・大井

12R ナイルローズ(本田重・福田)

日曜・東京

4R スノーディザイア(津村・中舘)

6R アルバスドラコ(ルメール・堀)

10R リーガルバトル(三浦・高橋文)

11R ダーリントンホール(ルメール・木村)

12R ホウオウノーサイドルメール斎藤誠

日曜・中京

3R セイバートゥース(岩田望・野中)

4R プライムチャーム(△小沢・今野)

6R フィニッシュアップ(秋山真・高橋亮

7R アファン(△松本・平田)

8R ダノンピーカブー(松山・大久保)

日曜・函館

6R ジャスティンエース(吉田隼・杉山晴)

7R アウトパフォーム(横山和・栗田)

9R ハーツラプソディ(藤岡康・今野)

11R ヴェントヴォーチェ(西村淳・牧浦)

12R ビジン(池添・武英)