競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

的中目指して邁進あるのみ、川崎続戦

水曜日の

川崎競馬の5番勝負は、無抵抗のまま敗戦。

これでトータル20,000円の敗北となった。

えっ、10,000円の敗北じゃないのかって?

火曜日も発作的に同じような勝負をしてしまって、10,000円負けている現実がある。

0勝10敗、目をそむけたくなる結果が続いている。

昔、

♬今年の汚れ、今年のうちに♬、というCMがあったが、まさにその心境。

残り2日間のうちに、借金20,000円という汚れを借金簿から消し去らないといけない。

汚れを消し去るには、汚れが発生したのと同じだけの日数を要すると考えると、もう待ったなしである。ギリギリである。

20,000円を諦める、または週末の中央競馬で取り返すという考え方もある。

しかし、これで終わらせてしまったら何の解決にもならない。耐えられない。

摑まなきゃ、今後につながる何かを摑まなきゃ。

乗り越えなきゃ、敗北の先にある勝利を摑むために目の前の壁を乗り越えなきゃ。

でも明日も全敗したら、今週だけで借金30,000円だよ。どうするの?

凄く不安だ、全然楽しくない、恐怖しかない。

最近

私はこのブログで、もう時間がない、負けている暇はないと綴った。

何か私が大病でもしているのかと思った方もいるかもしれないが、命にかかわるような大病はしていない。

とはいえ、競馬で生涯収支をプラスにするためには、もう待ったなしだと思っている。

30年かけて塗り重ねてしまった汚れを消し去るには30年かかると思っている。

今、47歳なので30年後は77歳。

こちらもギリギリである。

もう負けるわけには行かない、勝ち続けなきゃならない。

残り時間を考えると、立ち止まることすら許されないと思っている。

1本でも多くゴールをぶち込んで、点差を縮めていかないといけない。

私は

競馬で勝つことが最大の栄誉だと思っている。

家族にも、会社の人にも、誰にも言ったことがないが、自分の中では揺るぎない思いであり、燃え滾っている思いである。

そんなこと言ったら、家族には悲しまれるし、会社の人にはドン引きされてしまうだろう。

でも最大の栄誉のために、つらい事があっても踏ん張れてきたのも事実。

競馬がなかったら、12年前の夏の夜、僕は江戸川に身投げしていたことだろう。

あと、もう何度か身体を傾けていれば・・・

もしどうしようもなくなったら、江戸川にかかる橋の上に戻れば済むことだ。

12年頑張ったけど、やっぱり限界だったよって、12年前の自分に報告すればいい。

頑張れる限り

やってみればいいのかなと思う。

競馬だけではない、仕事のことも、家族のことも。

限界までやってみればいいのだと思う。

 

木曜・川崎

2R ドルドルエイト(笹川・八木仁

5R メガバズーカランチ(櫻井・河津)

8R スターリーアイズ(小林捺・河津)

10R ナインバイパー(新原・八木仁

11R アールスター(笹川・森下)