競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

結局は負け犬

土曜競馬の

リードをアッサリ吐き出してしまった日曜競馬。

60,000円投入して16,200円の払戻。

土日トータルで120,000円投入して97,200円の払戻で、22,800円のマイナス。

自分でも何やっているのかなと思う。

土曜は自分向きのレース結果だったから勝てただけと今更ながら気づく。

自分に不向きなレース結果になってしまうと、この有り様である。

また勉強し直さないといけないな。

絶対に

着たくなかった負け犬の着ぐるみを身につけて、汗だくになりながら演じ終えた日曜日の夕方である。

もう、なんか毎回身につけていると自分が本当に負け犬になってしまったような気がする。

負け犬の着ぐるみのにおいと、負け犬の演技がしみついてしまった。

しかし馬券勝負という舞台の上に立ち続けるためには、この負け犬の着ぐるみを身につけるしかないのが現実。

主役として輝きたい、思いっきり自分を表現したい。

懸命にアピールしたが、結局あてがわれた役はいつも通りの負け犬だった。

夢は遠のき、希望も遠のく。

悔しいけど何もできない自分、弱い自分。

今夜は実家で5人で夕食。もっと晴れやかな気持ちで行けると思ったんだけど。

追加の勝負はしない、負けを認めるしかない。