競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代おっさんのブログです。

2024.5.26(日)本日の勝負馬(確定版)

東京

2R ファロウ

3R イルプリンチペ

4R アンパドゥ 280

8R アームブランシュ 1,030

10R ハッスルダンク

11R ショウナンラプンタ

京都

1R セウタ

2R シュガーフリー

3R ギルトエッジ

5R バーキン

8R カゲマル

11R ミナデオロ 730

日本ダービー

ダノンデサイルが勝利した。素晴らしいレースだったと思う。

一番すごいなと思ったのは、最後の直線でエコロヴァルツの内から抜け出してきたときの人馬ともにの力強さ。

岩田康騎手の内からというのが、横山典騎手の凄さというか格を感じさせる。

1989年・ロードリーナイトでダービー初騎乗。24頭立てのダービーを知っている騎手だ。

メジロライアンでの2着も印象に残っているし、不良馬場のロジユニヴァースのイン抜け出しも鮮やかだった。

そして2024年・ダノンデサイルでダービー3勝目。

昭和が平成になり、平成が令和になっても、ダービーの輝きは変わらない。

私にとっても10代の頃からダービーを見続けて、今日は40代最後のダービーというわけだ。

勝つのも難しいレースだが、的中するのも難しいレース。

これから1年、来年のダービーは初勝利から買い続けた馬で的中できるように頑張りたい。

ダノンデサイル号と関係者の方々、そしてダービーを的中した方、おめでとうございます。

ダービー

的中は叶わなかったが、今日も勝利を決めることができた。

今年は目黒記念で買いたい馬が見当たらなくて、ダービーデーはダービーが終わってからが勝負というのが、あまりできないかなと思っていたが、京都でミナデオロが決めてくれた。

西塚騎手、巧く乗ったなぁと思う。

未勝利、リステッドと連勝。2走とも的中できたのが嬉しい。

他にも東京では、今日が初出走のアンパドゥが強い勝ち方を見せてくれた。

馬券というのは1回1回の勝負ではあるのだけれど、その一方で過去からの積み重ねがモノを言うのかなと最近特に感じることが多い。

もちろん馬自身の走りの積み重ねも大事だし、騎手やきゅう舎や馬主さんの実績の積み重ねも大事。

昔、ツミカサネという名の馬がいて。

ちょうど東京競馬場に行った日の新馬戦と、中山競馬場の場外発売(今でいうパークウインズ)に行った日の新馬戦と、2走続けて馬券を取らせてもらって、その後も気になって応援していたことを思い出す。

来週からは中央でも2歳新馬戦が始まる。

新馬戦は得意ではないのだけれど、買いたいな、応援したいなという馬がいたら買ってみたいなと思う。それがダービーまで繋がってくれれば嬉しい。

その前に明日からの船橋。開催トータルプラスを目指して頑張るのみ。先週の浦和で勝ったので今週は100円増。1レースにつき200円。