競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

パワーの源泉と悩みの種は紙一重

あまりにも

身体の痒み(特に下腹部と首の後ろ)がひどく、眠れない日々が続いたので、皮膚科で診てもらうことにした。

特に風呂上がりから布団に入ってしばらくの時間が、魔の時間というか恐怖の時間で、猛烈にかきむしってしまう。

その後も痒みが続いて、夜が明けた頃に少しだけ眠れて朝を迎えるという感じ。

ストレスが原因なんだろうなと思いながら、診察室に入る。

当然のことながら、先生は患部を見せてくださいと言う。

恥ずかしく、申し訳なく、そして何を言われるのだろうと思いながら、毎晩かきむしった下腹部を出した。

まず「これはひどいですね、もっと早く病院に来ないと」と言われた。

そして先生はカッターのような器具(でもそんなに鋭利ではない)で、患部の一部を削り取った。

最初、その器具を見たとき、どんなに痛いのだろうかと思ったが、先生はそっと処置して下さったので全く痛くなかった。

そして別室で検査、1分少しで戻って・・・

「たむしだね」と一言。

うわぁ、不潔にしていたということか、猛烈に恥ずかしくなったし、先生や病院の方に汚いものを触らせてしまって申し訳ないと思った。

でも、なんか今までのモヤモヤが全て解消したのもその瞬間だった。

ムヒとか、痒みを12時間止める錠剤とか、塗っても飲んでも全然効かないどころか、ひどくなったというのはそういうことだったのかと。

ステロイドの薬を塗っても、全然痒みがなくならなかった(むしろひどくなった)のはそういうことかと。

アトラントという抗真菌剤が処方された。たむしはしぶといけど、これを1日2回(朝晩)塗って様子を見てくださいとのことだった。

ストレスは全然関係なかったか・・・

病院からの帰り道、恥ずかしく情けない気持ちと同時に、少しホッとした気持ちもあった。

たむしの

話を長々と書いてしまったが、本題はここからである。

痒みのために布団の中でいろいろな考え事ができなかった自分にとって、一番思いを自由に巡らすことができる場所は、コーヒーショップだった。

アイスコーヒーを飲みながら、紙に思いを書き出すというのが自分の心に耳を傾けるということ。

妻への思いだったり、仕事のモヤモヤだったり、馬券の反省だったり、いろいろだ。

そして時には、全部まとめて見つめ直すこともある。

以下、カフェヴェローチェで綴ったメモより

僕のパワーの源泉

自分の健康・・・からだ

        こころ

家族   ・・・健康

        信頼

        笑顔

仕事   ・・・成果を出す

        人間関係がよい

競馬   ・・・勝利

        ブログの評価アップ

        借金返済進む

しかしながら、その一方で自分に迫る悩みの源泉にもなりうるというのが、自分にとっては凄く恐怖。

自分が病んでしまっては収入に差しさわりが出て、妻と息子の健康にも悪影響。そして信頼を失い、笑顔が消える。

仕事で成果を出せないと、人間関係も悪くなり、それは競馬予想にも悪い影響をもたらし、ブログの評価は下がり借金の返済どころか増加の一途。

上に書いた10の要素は、まさに自分の人生を左右する生命線。

1つでもうまくいく要素があれば、そいつが他の要素もうまくいくように引っ張ってくれる可能性はあるのだけれども。

その逆もあるわけで、考えれば考えるほど人生は恐怖。

今までの人生

いろんなことが怖かった。

20代の頃は、会社に行くのが怖かった。

30代の頃は、セックスが怖かった。

素敵な女性とつきあいたいという気持ちは強かったのだけれど、どうしても自分がうまくセックスできるシーンをイメージできなかった。

女性をエスコートできるのだろうか、あそこはちゃんと機能するのだろうか・・・

実は、今、競馬が怖い。馬券が怖い。

えっ、何言っているの?と思うだろう。

馬券より借金のほうが怖いんじゃないの?と思うだろう。

勝ちたいという気持ちは強いのだけれど、なかなか自分が好配当の馬券を当てるシーンをイメージできなかった。

勝負気配を読み取ることができるのだろうか、ハナ差で負けてしまうんじゃないか、全敗しちゃうんじゃないか・・・

現実に、その日最初の的中を摑むまでは本当に不安。当たっても嬉しいというより、ホッとするというのが正直なところ。

でも最近は、全敗することが恐ろしいのではなく、自分が買いたいと思う馬券を勇気を出せずに買えないというのが恐ろしいことなのだと少しずつ思えるようになってきた。

先週、私は山田騎手が乗る馬を3頭買った。世間の評価(オッズ)に関係なく、自分が買いたいと思う馬券を貫けたという思いがある。

そして運よく、川田騎手の力を借りて1頭的中させることもできた。

最近

思うこと。

勇気を振り絞れば、何かしら得るものがあるということ。

勝利や成功ばかりではないのだけれど、未来の勝利につながる気付きだったり、もう1回勇気を出そうと思えるパワーだったり。

会社での仕事だって、同じことを何年も続けていたら素早くできるようになって、気付いたら自分が教える立場になっていた。

セックスだって、自分には絶対無理だと思っていたんだけれど。

馬券でもビリーバーでの失敗を、アンタノバラードで少しだけ取り返せた。

もう今更遅いと思っていても、チャンスの神様の中には前髪だけでなく後ろ髪もある神様だっているんだ。

だから・・・

もうダメだと思っても、あと一歩だけ前に進もう。

スガシカオもそう言っている。

馬券だけじゃない、人生全てにおいて。

結局逃げ切れず、これが実力

残念ながら

日曜競馬は的中なし。土日トータルで2,100円のマイナスになってしまった。

どうすればよかったのかな。

自分の中では、具体的に「なんでこの馬を買ってしまったのだろう?」「なんでこの馬を最後まで残せなかったのだろう?」という思いはあるが、それを綴ってもあまり評判がよくないのでやめておく。

もし、どの馬のことを言っているのか察しがついて、答え合わせをしたいという方がいればコメントいただければ回答したいと思う。

様々な

思いがある。半分強がりで半分本音。

1点1,000円の勝負で快勝してしまうと、なんでもっと賭けなかったのか?という後悔に直面する。

土曜終了時点で9,900円プラスだったので、もし1点10,000円なら99,000円のプラス。1点2,000円でも19,800円のプラスになった。

そう思うと、なんか心が苛立ってしまって。

でも、こうやって終わってみると2,100円のマイナスになったので、1点1,000円でよかったんじゃないの?となるわけだ。

とは言え今度は、土日トータルで勝てなかった苛立ちが発生する。

1個も取れないってどういうことだよ?という話になる。

自分の中では原因は分かっている。

強気に行き過ぎた。ノーガードで勝負してしまった。

馬券というのは力の入れ加減がとても難しい。

30年やっていても、全く上達しない。

世の中のほとんどのことは、数稽古というか、たくさん経験を積むことで上達したりスキルを上げることができる。

ところが馬券には、それが通用しない。

たくさん経験を積むことで、バランスが崩れていったりすることも数知れずである。

よい稽古、よい経験を積まないといけないのだけれど、その逆もあって。

心の傷というかトラウマというか、忌まわしい経験もどんどんたまっていく。

そういう自分が痛めつけられるだけの稽古から逃れるというのも大事なのかなと思う。

改めて思う。

私たち賭け手は、レース結果を変えることはできない。

どんなに僅差のハナ差であっても。

それに対して熱くなっても仕方がない。勝ったときは熱くなってもいいけど。

でも、賭けるレースを選ぶことはできる。賭ける馬を選ぶことはできる。

・本当に買いたいレースですか?

・本当に買いたい馬券ですか?

そこは何度も何度も自問自答しないといけないと思う。

1回問われただけだと、ハイと答えるかもしれないけれど、何度も問われているうちに、アレどうかな?と思うようではダメなのかなと思う。

10回自問自答しても、迷わずにハイと言えるくらいじゃないとダメなのかも。

逆に最初の1回めは、半信半疑のハイだったけど、何度も問われているうちに、迷いが消えていくこともあるのかもしれない。

そういう結論の出し方もアリなのかもしれないな。

あと

今後に向けて、賭け金についてはどう考えればよいのだろうか。

でも、こんな結果になってしまった以上、来週いきなりアップという選択肢はないだろう。

来週の土日トータル収支をプラスにできたら、再来週は1点1,500円にしてもよいことにする。

頑張れ自分、頑張れ山田騎手

土曜中京1R

朝、スマホを見ているとデムーロ騎手と山田騎手乗り替わりのニュースを見つけた。

えっ、山田騎手の馬を買ったときに限って乗り替わり?と思い、詳しく読むと台風による新幹線運転見合わせによる影響によるものとのこと。

で、誰が乗る?と思い、読み続けるとなんとなんとの川田騎手。

イヤイヤイヤ、これはどういう結果が待っているのだろうかと興味深々でレースを見てみると・・・

川田騎手、もう完璧すぎる騎乗だった。前走ダメだった発馬をバッチリ決めて、道中は馬に負担をかけないレース運び。馬もそれに応えるかのような物凄い手ごたえ。

これで単勝510円もつくのかと思った。

もしも山田騎手だったら、どういう結果だったのだろう。永遠の謎。

ただ、ひとつ言えるのは加用調教師は勝ち負けできる馬を山田騎手に用意してくれていたということ。

山田騎手は本当に悔しいだろうなと思う。

午前10時頃、中京競馬場に着いたとネットの記事で読んだ。彼の気持ちを思うと私まで泣きたくなる。

最初は、何やっているんだよ、もっと早く美浦を出発しておけよ、台風来てるのは分かっているんだから!と思った。

でも詳しい経緯を知るにつれて、これは仕方ないな、山田騎手は責められないなと思った。

私も先週は天気に振り回されて、妻とひと揉めしたのも、最悪のタイミングで大雨が降り出してしまったことが事の発端だ。

先週も今週も台風が来ていることは事前に分かっているのだけれど、それでも想定以上のことが(しかも悪い方に)起きてしまって後悔・・・というのが、日本中で起きているのだと思う。

またこういう書き方をすると叩かれるのだが、今、多くの人はコロナ禍で毎日の生活でも精神的にもいっぱいいっぱい。

でもそんなことお構いなしに台風や地震はやって来る。

なかなか余裕のある行動なんてできない、どうしてもギリギリの判断になってしまう。

今になって思えば、あと3時間くらい早く出発していれば・・・と僕も思うし、山田騎手もそう思っているかもしれない。

でも、山田騎手のような立場であれば調教騎乗だってこなさなければいけないし、自きゅう舎の仕事もあるだろう。

その自きゅう舎でも、なんか突然もう一人、自分より若造が押しかけてきて、自分に回ってくるはずだった馬も奪われ、そのうえあと1年5カ月で、その自きゅう舎も解散・・・

いろいろ言いたいことはあるだろうけど、グッとこらえて頑張っているんだろうなと思う。

減量最終年度の5年目△、25歳。タツリュウオーとの出会いと加用調教師との出会いは、この夏の努力の賜物。

なんとしても手放したくないチャンスだったと思うが、再び任されたフェルヴェンテの手綱をとることはできなかった。

タクシーの中でラジオを聴く彼の気持ちを慮ると、本当にね・・・

1着賞金の取り分26万円は、今後努力を続ければ取り戻せるだろう。でも勝ち負けできる関西馬に乗れるチャンスを摑むのはなかなか難しい。

それでもタツリュウオーの手綱をとることができたのが救い。7着だったけど一瞬ながら見せ場はあった。

疲れはピークだろうが、まだ日曜の競馬がある。精一杯頑張っているのは分かっているのだけれど、頑張ってほしい。

こんなとき、武豊騎手や川田騎手が励ましの言葉をかけてくれていればいいなと思う。

土曜競馬は

5発の的中を決めることができた。

自分の守備範囲の馬券は全部取れた。

プリモスペランツァは3回追いかけた甲斐があったし、エゾダイモンは2走めでキッチリ変わってくれた。

あと、プリーチトヤーンはこの近走で単勝700円しかつかないのか・・・

ただ前回、横山琉騎手が乗った時はリメイクに真っ向勝負を挑んでの3着。それを基準に考えれば妥当なオッズなのかもしれない。

さて、日曜競馬。

願望でもよいから、自分の思いを貫く予想を続けたい。

日曜・中山

2R ドライカプチーノ(岩部・萱野)

3R アイワナアイドル(福永・戸田)

8R セルジュ(菅原明・中川)

10R テイエムベンチャー(国分恭・五十嵐)

11R テーオーロイヤル(菱田・岡田)

12R ニルカンタテソーロ(山田・小手川)

日曜・中京

1R ミリタリータンゴ(平沢・中竹)

2R サンライズジーク(坂井・矢作)

3R ナムラデュラン(秋山真・大橋)

10R ゴダイリキ(ルメール・牧浦)

11R ヴェローナシチー(団野・佐々木)

12R ゲンパチミーティア(坂井・矢作)

私の馬券にとってインコース攻めとは

仕事帰りの

私の楽しみのひとつが、ラジオのナイター中継を聴くこと。

広島カープ戦か、解説がエモやんの場合はニッポン放送ショウアップナイターを、それ以外の場合は、文化放送ライオンズナイターを聴くのがマイルールである。

個人的に好きなアナウンサーは、文化放送斎藤一美アナウンサー、長谷川太アナウンサー、あと一番うまいなと思うのは、RCC中国放送坂上俊次アナウンサーだ。

この3人は、私にとって尊敬する存在。年齢は私と近いか、少し年上。若い頃から聴いていた声なので、ホッとするというのもある。

あとニッポン放送には80歳でも現役の宮田アナウンサーがいる。昨年だったか、実況を生で聴いたのだけれど、声のボリュームは小さめなのだけれど、若々しいなと思った。

昭和の時代から実況しているとか、もう・・・

でも各チーム残り試合が1桁となり、聴ける機会も残りわずかになってきた。

そして、18時に会社を出ると、外はもう真っ暗だ。

もう夏は終わったんだ。SEPTEMBER、竹内まりやさんの歌が心地よく感じる季節。

月曜の

興奮が冷めやらぬうちに、週末がやってきた。

先週月曜の予想記事を読み直してみると、これはもはや予想というよりは願望なのかなと思ったりもする。

でも、広島カープOBの安仁屋さんのような、毎年カープ優勝を予想している人もいて、そう考えれば、こういう予想でもアリなのかなと。

安仁屋さんのナイター中継での解説を聴いていて感じるのが、とにかく言っていることがぶれない。

ピンチ時の投手に対して求めるのはとにかくインコース攻め。いっつも同じ。

でもそれが安仁屋さんの生き様なのだと思う。

野球と馬券は違う。でも勝負という点では同じだ。学ぶべきことはあるはず。

願望でもいい、一辺倒でもいい。

ただ、私は安仁屋氏のように自分の思いを貫けていない。ときにはアウトコースや真ん中へ投げたりしては失敗している。

ひどいときには勝負から逃げてしまったこともある。

私の馬券にとってインコース攻めとは、確率的に厳しいところを狙うこと。

確率的に厳しいとは、いつ来るか見通しがつかないということである。

人気薄だったり、勝率が悪い人を狙うことである。

時には、インコース以外に投げることがあってもいいとは思う。でもどこかでインコース攻めをしないと、勝ち投手になることはできない。

少しだけ馬券の自信を取り戻したなかで、どこまでやれるか試してみる。

土曜・中山

1R スズカコーズ(永野・伊藤圭)

4R クラリティスケール(菊沢・菊沢)

6R カヨウネンカ(杉原・斎藤誠

7R プリーチトヤーン(横山琉・斎藤誠

8R タイキフロリゼル(北沢・橋田)

11R ミスズグランドオー(永野・伊藤圭)

土曜・中京

1R フェルヴェンテ(山田・加用)

2R ショウナンダグラス(坂井・茶木)

3R エゾダイモン(武・武幸)

6R プリモスペランツァ(角田河・中竹)

8R ルヴェルジェ(服部・杉山晴)

11R タツリュウオー(山田・加用)

精一杯やった、とにかく勝った

月曜中山12R

3日間競馬の勝敗は、最後のレースまでもつれる展開となった。

渾身の2頭賭け。

最初は、ダイチヴィヴァンで行こうと思っていたが、どうしても気になったのがトップヴィヴィットだった。

過去2走が5着・7着。しかも初勝利は中山ダ1200でいかにも来そうな戦績。

ただ、なんでそんないい馬に宮崎騎手?と思ったら、5着と7着の間に1年3か月の休養があった。

どうなのかな?と一瞬悩んだが、1年3か月の休み明けで7着だったら上出来だと思ったし、激変要素は出走馬中で一番あるかなと思った。

スタートして200メートルで、これはもしかしたら勝てるんじゃないかと思った。

道中の手ごたえが凄すぎるし、4角を馬なりで回ってきたときは久しぶりに痺れた。

最後は一杯になってしまったが、その迫って来る馬もダイチヴィヴァンだったので、ある意味安心して見られた。

単勝1,110円。宮崎騎手と中川きゅう舎。

昨年春の東京・丹沢Sのリッターシュラークで単勝を決めた組み合わせである。

やっぱり普段から意識したり、買ったりしている陣営だからこそ、今回買えたのかなというのが率直な思い。

そして

もう1頭忘れてはならないのが、中山2R・アンタノバラード。

ミルファーム、杉原騎手。

最近は丹内騎手の勢いがすごいが、杉原騎手もビリーバーで重賞初制覇を決めてから、着実に成績を上げている。

遅ればせながら、このコンビで取れてよかったと思うし、ルメール騎手と迷った結果、杉原騎手を買えたことは大きい。

最近できていなかった自分の思いを貫くことができた。

そして結果も出た。

5,000円にも満たない勝利だけれど、1万円超の敗北が目前に迫っていただけに、本当にホッとしたし、ちょっとだけ自信を取り戻せた気がする。

別に

借金が激減したわけでもないし、家族からの信用もなんとかしないといけない。

でも、これでまた1週間新しい気持ちで仕事を頑張れる。

とにかく今はそれが大事。

とにかく勝負、今後のことは終わってから考える

パソコンに

向かう、いまの私は、とても他人には見せたくない表情だ。

馬券では全く結果を出せないし、馬券以外の日常生活においても正しい判断ができず、それがきっかけで、妻からの信頼もガタ落ち。

もともとガタ落ちだったのかもしれないが、それが表面化することになってしまった。

競馬やめたら、とも言われた。

でも僕はそれだけはやめられないと言った。

競馬で負けても、できるだけ表には出さないように心掛けていたつもりだったが、やっぱりいろいろイヤな思いはさせてしまっていたようだ。

認めたくないけれど、妻があれだけ言うのだから受け止めざるを得ない。

気分転換の

ための競馬が、自分を苦しめる存在でしかなくなってしまった。

もうリビングのテレビで見ることはできなくて、ひそひそと自室のPCで見ることしかできない状況だ。

あと、この際だから白状すると、たまに行く浦和競馬も最近はあまり楽しくない。

何回も足を運んで、いい思いもしたけれどイヤな思いも積み重なってきているし、午後休みを取ってというのが最高の楽しみだったときもあったが、普通に会社で仕事をしていたほうがよかった・・・と思うようになった。

楽しくなくても、手を出してしまうのがギャンブル障害なのだが。

土曜競馬はスタートこそ抜群だったものの、その後は失速。日曜競馬は論外の全敗。

もう分からなくなってしまった。自信がなくなったし、月曜競馬の予想するのも気が遠くなった。

とても全頭を相手に真っ向勝負で予想するのは無理だった。

となると、何か条件をつけて、その中から選ぶという予想をするしかなくて。

馬に託すというよりは、統計学に託す。これなら競馬でなくてもいいだろうにと思いつつ・・・

そうやって1場につき30頭~40頭に絞れても、そこから6頭選ぶのも当然厳しい。

狙い方がブレている時点で、ギャンブラーとしては失格なのだろうけれど・・・

応援、直感、経験、願望、想像、もういろんなものがごちゃ混ぜすぎる。

視点をずらすと予想もガラッと変わる。だからこそギャンブルとして成り立つんだなと思いつつ、安定して勝つっていうのは無理だなと思った。

それでも勝負をしたい自分がいる。勝ちたい自分がいる。だから勝負する。

結果は真正面から受け止めるつもりだ。

 

月曜・中山

2R アンタノバラード(杉原・伊藤大)

 本当にミルファームの馬との馬券相性はボロボロだが、私の馬券成績浮上のためにはどうしても必要なピース。流れに乗り遅れているのは承知で。

4R ナンヨークリスタル(デムーロ・松永幹)

 前走着順良い馬が多いが、コーナー4回の競馬を経験している分、抜け出せると判断。

8R サクセスミノル(田辺・中舘)

 前走も購入。田辺・中舘コンビは日曜中山で勝っていて、これも乗り遅れ感があるが、どうか頼むっていう感じ。ホウオウバリスタが強敵と見ているが。

9R カンリンポチェ(三浦・田村)

 東京2100がベストなのかもしれないが、2勝クラスを1回使われての変わり身に期待する。田辺騎手から三浦騎手への乗り替わりはどうなのかなと思うが、三浦騎手とは手があっていると思えるので、いい方に出ることを期待。

12R ダイチヴィヴァン(秋山稔・蛯名)

 1700を2回使って前走は見せ場があった。今回得意の1200に戻ればアッサリまで。

12R トップヴィヴィット(宮崎・中川)

 1年3か月の休み明けを1回使ってどこまで変われるか。激変に期待する。

月曜・中京

2R コパノハンプトン(藤岡康・宮)

 初ダート。強いのは1頭いるが、早め早めの競馬で凌ぎ切れないか。

3R ラスハンメル(藤岡康・松永幹)

 ここはオッズを信じて。

7R グッドフェイス(松本・松下)

 連闘。ダート2戦目で松本騎手も脚のつかいどころが摑めたんじゃないかと想像して。初ダートのタイセイブリリオと迷ったが、前走でも勝負したこちらで行く。

9R メイショウウネビ(武・本田)

 武豊騎手に託すのみ。

12R テンジュイン(和田竜・千田)

 土曜競馬では不発に終わった千田きゅう舎狙い。最後の最後で一発ないか。ここ2戦は大きい着順だが、3走前は和田竜きゅう舎で0.1秒差の3着。その和田竜騎手で。

12R シーズザデイ(鮫島駿・川村)

 2走前のかささぎ賞は個人的にはレベルが高いレースと思っている。そこから半年の休み明けを1回叩いて、新馬勝ちの鮫島駿騎手の手綱。上り目込みで狙う。エンジェルシリカは強敵なのだけれど・・・

 

こうやって予想しているとさ、馬券で必ず勝つなんて口が裂けても言えないなと思うし、終わってみれば勝ち馬は1頭なんだけれど、その裏にはその数倍の勝てる可能性がある馬がいるんだよなぁと改めて思う。

2022年9月18日・今日の勝負馬

早速

今日の勝負馬。どこまでやれるか。

日曜・中山

1R ベベ(嶋田・武市)

2R オールデイズ(石川・相沢)

3R シャノンフォールズ(野中・上原)

8R ヤマニンパニータ(江田照・辻)

10R ヤマニンデンファレ(江田照・辻)

12R フミバレンタイン(三浦・鹿戸)

日曜・中京

1R スリーディプテー(藤岡康・高橋義)

6R ピジョンブラッド(川島・荒川)

7R ゴールドローズ(秋山真・飯田祐)

8R スリードレフォン(富田・木原)

11R セントカメリア(福永・高野)

12R シャークスポット(松本・高柳大)