競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

ヒロミは6着まで、大井12Rでうっぷん晴らし

残念ながら

ヒロミは0.4秒差の6着に終わった。

スタートは五分だったが、思っていた以上に行き脚がつかず、残り600メートルではほぼ最後方。

それでも、外ラチ沿いを確保し、一瞬伸びそうに見えたのだが、最後は行き場をなくして完全終了。

ヤマニンベリンダの小林脩騎手の位置取りが正解で、そこはさすがに馬が直線巧者だったと言わざるをえない。昨夏の3着、5着は伊達ではなかった。

それにしても、西田人気は凄いと思った。こんな走るかどうか分からない馬が3番人気になってしまうのだから。

でもなぁ・・・あそこで挟まれてしまうというシーンを見たくはなかった。ああいうところでスパッと抜け出してくるのが、直線競馬での西田騎手。

私も西田騎手も45歳。一方で上位3着を独占したのはいずれも10代の騎手達。

熟練の技も、若さゆえの勢いと5キロ、4キロ、8キロというあまりにも大きい斤量差にはなすすべがなかった。寂しいけどこれが現実。

それでも、55秒ちょっとだったが楽しいひとときだった。

私としては

この新潟最終レースまで、グッと耐えたのが今日の収穫。

新潟11Rもミュージアムヒルが気になって気になって仕方なかったのだが、ストマック氏の動画や、漫画の動画を見て、どうにかこうにか凌ぐことができた。

自分の気持ちを完璧にコントロールすることはできなかったけれど、少しは歯止めをかけることはできた。

しかし、直線競馬が終わった後、私は大井12Rに投票してしまった。

やっぱりこのまま1日を終えるのは、あまりにも口惜しくて。

それでも最終レースであれば、そのあとズルズルということは強制的に不可能と思った。

なんで土曜日にTCKやっているんだろう。吉と出るか凶と出るか知る由もないが。

 

土曜・大井

12R ノーブルノヴァ(矢野・森下)

前走は鋭いスタートダッシュを決めての逃げ切り。もう1丁!

相手は、直線競馬同様に未来の南関競馬の主役となりそうな3人を抜擢。

本当なら篠谷騎手を抜擢したいところだが、前に行けそうもないのに1番枠ということで相手3番手。

ショコラティエール(藤田凌騎手)とフレンドゾーン(福原騎手)に厚く。

そして最後、相手4番手に成績も枠順もまずまずのグラマラススカイで万全だ。

これで20時50分まで、ジッと耐えるのみ。

今日の夕食は、セブンイレブンのとみ田のつけ麺である。