競馬をやめた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬をやめられない40代おっさんのブログです。

AJCC・ラストドラフトから行く

金曜日の

浦和競馬だけで留めておこうと思ったが、もう一勝負したくなってしまった。

仕事もようやく一区切りがついた。

あと会社の先輩が、金曜日の朝に競馬の話をしてきて、オーソクレースとポタジェで勝負すると言う。

その先輩は、よく私に声を掛けて下さり、仕事のやり方も筋道が通っていて、いわゆるできる人。

ただ、今の心身ともにボロボロな僕から見ると、完璧すぎて自信に満ちあふれた姿を見ると、ちょっと辛くなることがある。

さらに話を聞くと、最近数十万ぐらい儲けているという。その余裕綽綽の様子を見て、僕のギャンブル魂に火がついてしまった。

仕事はともかく、競馬では負けたくないな。

そんな思いを抱きながら、会社を出た。

金曜日にデイリースポーツを読んでいたら、当然浦和競馬だけでなく、中央競馬の記事も載っている。

AJCCの馬柱を見て、なんとかあの2頭を負かせる馬がいないかと探したら、いた。

ラストドラフトである。

それでも土曜日の昼までは、止めておこうという気持ちのほうが優っていたのだが、ここは勝負処と自分の心のセンサーが激しく揺れだしたのだ。

まぁ

みんな知っていることだと思うが、冬の中山開催がこの馬にとって最も適した舞台。

3年前は京成杯V、おととし、昨年はAJCCで馬券圏内。

もう、目いっぱいの仕上げだろうと思う。

戸田調教師としても、ここは内容よりも結果がほしいところだろう。正月開催では活躍が目立つきゅう舎が今年は未勝利。

きゅう舎の看板馬で一発決めてくれるんじゃないかと期待したい。

戸崎騎手も、おととしのアルゼンチン共和国杯でこの馬を2着に導いている。手は合う。

単勝複勝馬連、ワイドの4種類買いで、まずは3着以内で払戻確定。そしてできることなら更に上の着順を望みたい。

馬連とワイドの相手だが、私の性分から言ってオーソクレースとポタジェは買いたくない。キングオブコージとする。

ずっと中京で乗ってきた横山典騎手が今日は中山で騎乗。それだけでも期待は高まるし、ロングラン開催で荒れてきた中山の芝コース。巧みなコース取りでアッと驚く競馬を見せてくれそうだ。

馬券は浦和競馬場で買おうと思う。1券種につき2,500円で計10,000円。