競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

これでいいとは思わないけれど・・・

土曜の朝の

時点で、まったく想像できない展開となった今週の私の競馬。

土曜1Rの西田きゅう舎での勝負は、もうどうしようもない完敗。

20,000円、どんなに多くても25,000円までと思っていたのだが、終わってみれば30,000円を使ってしまっていた。

レースが終わって時間がたつうちに、10,000円余分に使ってしまったなという後悔の念が湧いてきたし、もう少し慎重にならなきゃいけなかったなという思いも募るばかり。

それ以外にも、いろいろな感情があって。

競馬(特に中央競馬)って、すごく華やかなイメージがあったんだけど、こうやって1つのきゅう舎に絞って考えてみると、週に1頭か2頭の出走で、本賞金なしっていうこともザラにあるんだなと。

1週間、生き物相手に休みなく世話をして、土曜の1Rに1頭出走させて8着で今週末は終わり。そしてまた1週間・・・

きゅう舎開業初めての週とはいえ、調教師とは思っていたより地道な仕事だと感じた。

矢作きゅう舎をはじめ、海外で活躍するシーンを見ると、華やかな仕事だなと思ってしまうのだが、それは本当に頂点を極めた人たちだけの話なのかなと。

JRAでこんな感じなわけだから、浦和競馬とかを思うと競馬の世界も大変だなって。

どこの社会でも同じなんだなと思ったりして。

でも、そう思うと1勝の価値というか尊さを改めて感じることもできて。

土曜の負けも受け入れるしかないかなと思う自分がいた。

でも

ギャンブル障害を極めた人間が、このままおとなしく日曜を過ごすことはできなかった。

どうしてもこのまま30,000円負けたままにしておくことができなかった。

西田きゅう舎の馬しか買わないなんていう誓いは、一日にして吹き飛んでしまった。

朝の7時から約2時間で、予想を仕上げた。

もう全部の馬を検討するのは無理なので、私なりの条件に該当した馬の中から選ぶことにした。

しかし手を抜いた予想をした先に待っているのは、後悔である。

阪神3Rのゼウスバイオ、そして中山4Rのイサチルプリンス。

前者は秋山真一郎騎手、後者は去勢明け2戦目、私としては決めないといけない馬券であった。

でも、私なりの条件に該当しなくて、気にはなりつつも買い目から外した馬である。

単勝は750円と1110円。この2頭買っていたら今頃勝ち確だよ・・・と、ホントうなだれるしかなかった。

さらに試練は続く。

阪神5Rのグロー。幸騎手が最内を突いて懸命に食い下がったが、毎度毎度のハナ差負け。もう阪神の芝でこういうシーンになると勝てる気がしない。

これまでは机をたたいたり、気持ちを制御できなかったが、もう5~6回同じことを経験済みなので、受け入れる準備ができている自分がいる。

もう首の上げ下げになったら負けって思っちゃうようになった。

これはもう今日の勝利はないなと思った。

それでも、中山6Rでアバンチュリエが勝利。単勝240円。

まぁ1個は当たるんだ。

そして、中山9R。

キングオブドラゴンが逃げて、ラクに行けるといいなと思っていたら田中勝春騎手が執拗にからんできた。

あぁもうなんだよコレって、ため息をつきながらレースを見ていると、案の定4角でみるみるリードがなくなる。

あぁって思いながら、どこまで粘ってくれるかなと見守る。

でも、なんか思いのほか差が詰まらない。んって思うけど、でもやっぱりダメか。

おっ、でも残る残る、やったぁ!

ゴールしてから声が出た。ついに来た。

あとは、オッズの急落がないか気がかりだったが、単勝1,870円。

それほど目減りすることもなく、ホッとした。

前走2着の割には人気がなくて何か罠でもあるかと思ったが、矢作きゅう舎だからと信じた結果がいいほうに出た。

なかなか取れなかった矢作きゅう舎の馬で的中できて嬉しかった。

ずっとアンラッキーなことばかりだったけど、このレースではいい思いをさせてもらったなと感じた。

もう一丁ダメ押しできなかったのが残念だが、今の自分の低調さを思えば大健闘の日曜競馬だった。

とはいえ

西田きゅう舎の馬券以外買わないという誓いは破られ、締め切り直前に中山12Rに追加投資してしまい5,000円失うという愚挙。

朝、慌ただしい中結論を出した自分に対する冒とくでもあるし、ブログ的にもこういうのって、発行済の競馬新聞に印を足すようなもの。

最終ドカンをやらないっていうのは、ずっと心掛けてきたことなのに軽々しくやっちゃうのはダメだ。

ちゃんと9時までに予想を固めて1日貫く。競馬ファンそして競馬ブロガーの端くれとしての矜持でもある。

借金だって何も解決していない。状況は着々と悪化している。結局この土日で7250円の負けだ。

それでも、キングオブドラゴンの的中は、僕が今朝願っていた何か明日以降の人生に、来週以降の競馬につながるものがほしいと思っていた自分に対しての最高のプレゼント。

単勝一本で貫けたのが嬉しい。土曜は様々な馬券を買ってしまったが、私の場合は単勝にすべてを託すのが、一番性格的にも向いているようだ。不器用な人間なので。

AIの力は想像以上。それでも、キングオブドラゴンのゆま牧場での評価は低かったし、まだまだ付け入る隙はあると信じたい。

でも、ゆま牧場の弥生賞の予想は完璧、すごすぎる・・・