競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

連休最終日に幸あれ

2020年の

中央競馬が始まる。

年が変わって、フレッシュな気持ちで・・・と行きたいところだが、このブログを読んでいる方は承知だろうが、もう心は傷だらけである。

年末は大井競馬、年始は川崎競馬、さらに高知競馬にも参戦し、どの競馬場からもボコボコにされてしまった。

とはいえ、年末年始も休まずトレーニングを続けたような感じなので、1週間競馬を休んだ人たちと比べれば、ウォーミングアップは万端とも言える。

新年初日から圧勝を決めて、今年1年間駆け抜けていきたいものである。

具体的な目標を

いくつか立てた。

まずは1場につき1日1つは的中したい。1年に換算すると288レース的中したい。

6レースに絞っているとはいえ、やっぱり的中ゼロはいただけない。

東京競馬で72連敗なんてこともあった。こんなことは絶対あってはならない。

昨年はダメ元で勝負したこともあったが、今年はそういう実験的な勝負は厳禁だ。

でも危ない勝負も時には必要と思っている。

逃げ一本の馬・鞍上不安・きゅう舎不安・休み明け・初ダート等、惨敗の可能性もあるが、はまれば頭まであるという馬を思い切って狙うことも必要だ。

そういう紙一重のところを拾っていけるかが、回収率100%まであと4%の壁を打ち破るための分かれ目となる。

あとは過去勝負馬はしっかりマークしていきたい。

前走は買ったのに、今回は買っていなかった・・・という悔しい思いをしたことが昨年は何度もあった。

もちろん馬鹿みたいに、ずっと買い続けるのも問題なのだが、一戦で見限るのも問題である。

前走のレースは、お金を賭けているわけだから、しっかり見ているはずである。

負けたとしても、ただ「負けた」ではなく、次に生かしたいのだ。

1回中山1日

1R 7番 オイデヤスダイジン

3R 12番 ロマンスピネル

6R 15番 アールグランツ

7R 16番 ガロシェ

8R 16番 ルーチェソラーレ

9R 5番 ロジペルレスト

1回京都1日

1R 2番 アスターホルン

2R 13番 エイシンアヴァロン

7R 15番 ノヴェッラ

8R 2番 シェパードボーイ

11R 17番 メイショウショウブ

12R 11番 ディアボレット