競馬をやめた先にある世界

やめた先に待っていたのは、やはり競馬でした。一度ハマったらどうなるのかを綴っていきます。

またしても仕事に救われる

仕事が

あることは有り難いことだと感じた。

競馬で叩きのめされた心を、救ってくれたのは仕事だった。

このブログを読んでくださっている方はご存知だと思うが、4週連続の惨敗だ。

2日間で263,000円負けた。

昨晩、ブログを書きたかったが、さすがに書けなかった。

負け額もひどいものだが、負け方が悪かった。

競馬の負の部分を全てそして改めて思い知らされた週末だった。

今まで偉そうに、まるで競馬や人生を達観したようなことを書いていた自分が恥ずかしい。

昨日は本当に惨めな日曜日だった。

下降線をたどると、こんなにダメな人間になってしまうのだと思った。

いろいろ

ダメな点があった。

まずは木曜日、いくら有給休暇だったからといって、枠順も出ていないうちに予想を完成させてしまうのは、やっぱり邪道だと思った。

たしかに中央競馬のコースは、浦和競馬の1600M戦ほどの枠順の有利不利はない。

しかし、中山ダート1200Mで自分の狙った馬が1番枠に入ったら、あんまりいい気持ちはしない。

土曜・中山1R ファムファタルのことである。

持ち時計上位ということもあり、1番枠からでもハナを奪うことはできた。

しかし力負けではないものの、結果は3着。

枠順を見たときの、いやな予感は見事に的中してしまった。

まだまだ

ダメな点はある。

ついに、当初の勝負レースの他に、追加で手を出してしまった。

今年初めから、ダメなときでもそれだけはやめようと頑張ってきたのに、ついに自分との約束を破ってしまった。

追加で手を出さないように、日中は子供との散歩等で外出し、全レース終わってから帰宅して結果を確認するとかいろいろ努力してきたのに・・・

自分を裏切ることになってしまった。

下降線をたどり始めると、どんどんいい習慣が崩れ、悪い判断を下すようになる。

土曜日は子供と電車で都内に出掛けて、なんとか制御できたものの、家に帰って結果を見ると、20戦2勝で、しかも的中は130円と250円の超クソ配当

必死に予想したのに、なんだこの結果はと行き場のない怒りが自分の中で炸裂。

もう的中という麻薬を一刻も手に入れたいという気持ちが頭の中でいっぱいになってしまい、日曜はパソコンに張り付きっぱなしで的中を目をかっぴらきながら待つという、子供には見せたくない状況になってしまった。

日曜中山1Rのラディアントや日曜福島7Rのリョウランヒーローはあわやのところまで勝馬を追い詰めたが、わずかに及ばず。

ますます私の心はヒートアップしていくことになった。

そしてついに、追加投資へ。阪神のレースを2つ買ってしまった。

他に福島の11R(米沢特別)も馬柱を見まわした。

思い出すのも忌まわしいのだが、私はクインズヌーサが気になって気になって仕方がなかった。

藤懸騎手で2勝。しかも未勝利は逃げ切り勝ちで単勝7,000円。

前走16着も、休養3ヶ月でリフレッシュ効果は見込めて、ハンデ52キロ。

穴ならこれしかないだろうと思った。

しかし、結局買えなかった。

やっぱりどうしても金をドブに捨てるような気持ちにしかなれなかったからだ。

これも下降線のときの典型的なパターンなのかなと思う。

レースは見事なまでの単騎逃げ。イヤな予感がした。

それでも4角では掴まるかと思ったが、そこからの粘りが半端なかった。

単勝4,990円・・・

これ一発で、すべてのモヤモヤが解消したのに・・・

最悪だと思った。

追加投資という禁断の手を下したのに、このレースを追加できなかった。

一番中途半端、やっちゃいけない失敗の仕方である。

今思えば、やるんだったら徹底的に追加投資して、何としてでも逆転勝ちするんだという意志を馬券にぶつけるべきだった。

あとは、気になる馬を発見したが、追加投資はしないという自分の中でのルールを貫くというのも正解だろう。徹底してルールは守るというのは目先の勝利より大事だ。

もうホントに書いててつらい。でも、これも未来の糧にしないといけないし、大晦日の頃には、こんなこともあったなと笑い話にできればと思う。

こうして負けた時は、なんとか月曜日の朝は惰性でもなんでもいいから、まずは仕事をして、家に帰ったら吉田類の酒場放浪記を見て、早く寝ることである。