競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

逃げ切れず、ボロボロの日曜競馬

一番最悪な

結果が待っていた。

24万勝つどころか、逃げ切るどころか、1つの的中も決められなかった。

2着4回。

どうにも、近そうにみえて遠いゴールだった。

私としては、土曜同様に最適解を出せたと思って臨んだ日曜競馬だったが、結果を見ると、なぜこの馬券になった?という後悔ばかりが募る、非常に辛い状況である。

中には、自分の中で納得できているハズレもある。

日曜東京2R~4Rの宗像きゅう舎3頭狙いは、これは私の思いを貫いた馬券。

ウラワザテクニックの伊藤騎手は上手く乗ったんだけどな・・・横山典騎手20,000回騎乗というのを本馬場入場のときに知って、ちょっとイヤな予感がしたのだが、スタートで出遅れ。

これで、もう横山典はないな、と安心しつつ、ウラワザテクニックの伊藤騎手はいい位置をキープしたなぁと、私の期待はどんどん高まっていった。

そして直線、ウラワザテクニックは進路を確保し、これはもらったと思った瞬間、その外に、いるはずのないブルーダイヤカフェと横山典騎手がいたんだなぁ。

あの瞬間の「ゲッ」という気持ちは、思い出したくもないけど簡単には忘れられない。

伊藤騎手は、先週のロバートソンキー同様、完璧な騎乗だったと思う。

あれだけしっかり乗っても勝てないか・・・と、伊藤騎手の気持ちを思うとやるせなくなるし、私もこの敗戦は堪えた。

と同時に、横山典騎手の20,000回騎乗の底力というものをまざまざと思い知らされた。

その一方で

昨日の過ちが尾をひいての失敗もあるし、見落としてしまったという失敗もある。

阪神11Rのスイーズドリームスも今振り返ると、決めておきたい馬券だった。

私は1Rで須貝きゅう舎のアドマイヤアゼリを狙ったので、他に須貝きゅう舎でいい馬がいないかと探していた。

すると11Rのストークステークスに出走馬がいたのだが、よく見ると3頭いる。

しかしながら、どれもイマイチな感じで、結局、どれも買わずにスルーしてしまった。

ただ、昨日の東京で浜中騎手のタガノスカイハイを的中させておけば、この須貝きゅう舎3頭出しの中から、浜中騎手のスイーズドリームスを抜擢できたのかなという後悔がある。

結局ひとつの判断失敗が、玉突きのように失敗の連鎖を呼び込んでしまうというのが、怖いところである。

あとレース結果を見たあとに猛烈な後悔が襲ってきたのが、東京9Rの田中勝春騎手のエターナルヴィテスの勝利。

これはまったく眼中になかった。完全に見落とした。

確かに1週間の疲れがたまって、土曜の夜もしんどかったのは確か。注意散漫になってしまうのも仕方ないとは思う。

あと、このレースはガロシェが気になっていたのも確か。

しかし、それにしても、本当に気付かなかった。私はプロではないとはいえ、予想の基本が疎かになってしまったなと思う。

気付いたけど、どうしても買えなかったというのは、仕方ない。

でも、予想する以上、出走馬をざっと確認するくらいはしないと、という話である。

なんのためにJRA-VANをインストールしてるんだよ!という話である。

結局いろいろなツールをそろえても、気持ちや体調や取り組む姿勢がダメだと、いい結果が出ないということである。

せっかく金曜日の夜に、ヘトヘトになりながら、いいコンディションを用意することができたのに、これでは台無しである。

ただ

今日は阪神1Rの障害戦での、アドマイヤアゼリの落馬で、イヤな予感がしたのは確かである。

12個のレースのうち1個外れただけと考えればいいのだが、やはりレースとレースはつながっているというのが私の(というか多くの人の)思いであろう。

この前は成功した大根田きゅう舎狙い打ちも、今思えば、今日は狙っちゃいけなかったと思う。

特に阪神2Rのカケルは追い込み馬。開幕週で狙うのはクレイジーだなと思った。

阪神で徹底的に狙うんだったら、今日は武騎手だったのかなと、今になって思う。

今晩は

せっかく、大好きなつけ麺なのに、惨めな思いで夕食を迎えないといけない。

どうしても勝たなきゃいけないところで勝てずに、これで3週連続の敗戦。

日曜の夜になると、また明日からの厳しい現実と直面せざるを得ない。

やはり土曜のうちに決めておかなきゃいけなかった、という後悔がどんどん膨らむ。

と同時に、競馬の難しさ、奥深さ、厳しさを思い知らされる1日となった。

甘い気持ちや慢心があると、途端に奈落の底に突き落とされるのだと思った。

心のギプスなしで、明日からの1週間を乗り越えねばと思うと、寝苦しい夜になりそうである。