競馬をやめた先にある世界

やめた先に待っていたのは、やはり競馬でした。一度ハマったらどうなるのかを綴っていきます。

10連休最後の夜 私はどうしているのだろうか ~かしわ記念~

もう

最悪だ。

今年も大型連休は暗黒の大敗となってしまった。

本当に勝利が遠い。

23レースも勝負して、270円の単勝ひとつ、しかもハナ差の勝利とか、悔しいという気持ちも湧いてこなかったというのが、昨日の夜だった。

結果として、5日間で42万6千円負けた。

やっぱりオッズを見ないというのは、かなり無理があるのかなと思った。

オッズに流されるのはイヤだが、競馬は自分との戦いではないのでね・・・

本当なら

連休最終日の今日は、明日からの気が抜けない毎日に向けて心を休ませる1日にしたいと思っていた。

しかし、こんな状態で心を休められるわけがない。

自然と、船橋ケイバの出馬表を見ていた。

本当なら全レースやりたいところだが、さすがに勝てる自信がない。

かしわ記念1本に絞ることにした。

いろいろ布団の中で考えた結果

アポロケンタッキー複勝

アポロケンタッキーを軸に、インティとゴールドドリームへの馬連

で勝負することにした。

途中でぶるってもイヤなので、今さっき投票してしまった。

締切時点でアポロケンタッキー複勝が3倍もつくわけないと思うのだが、もしこのままのオッズで行けば、複勝が当たれば土日の負けは解消、馬連まで当たれば10連休の負けが解消となる。

負けを

取り返すための勝負は心が苦しい。

本当は今日は止めようと思っていたのだが、予想していくうちに「不安よりも楽しみのほうが大きい」という気持ちになってきたのだ。

このレースは、インティとゴールドドリームが抜けていて、残りの複勝1枠を、オールブラッシュ、キタサンミカヅキ、モーニン、ドリームキラリ、アポロケンタッキーの5頭が争うという構図だ。

私の中では5頭立てで「3着の」単勝を当てるような感覚だ。

アポロケンタッキーは距離が不安だ。マイルの流れについていけず4コーナーで終戦という可能性は正直大きい。

しかし格下のレースとはいえ、1800メートルの日本テレビ杯でも、そこそこの位置にはつけており、そこは山内きゅう舎のマイル仕様の仕上げに託すしかない。

逆に全然ついていけない場合、それはハイペースを意味することになるので、そのときは自分の競馬に徹して、道中無理せず最後の追い込みにかけるしかない。

帝王賞のたたき台という声もあるが、この馬は大井より船橋コースのほうが向いていると思う。

あとは戸崎騎手である。

東京スプリントのショコラブランでの位置取りやコース取りを見たときに、さすが元南関のリーディングジョッキーだなと思ったのだ。

内枠を生かしてインの3、4番手で直線まではジッと我慢。最後は力尽きたものの、よく分かっているなと感心したものだ。

今回も豊富な経験を生かして、3着賞金1,200万を取りに行くような気がする。

戸崎騎手でダメなら仕方ないという気持ちだ。覚悟はできている。