競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

週トータルの勝利は、火曜競馬に託された

月曜競馬は

北村友騎手の連日の活躍のおかげで、なんとかプラスに持ち込むことができた。

前日の秋華賞の乗り方を応用したような感じの勝利で、本当に乗れている感じが画面からも伝わってきた。

アルメリアブルームの単勝1,590円は本当にありがたかった。

しかし

それ以外のレースは、痛恨の極みの連続だった。

・前走◎だった馬を、今回は見送ってしまい勝たれる。

田中勝春騎手が、東京で2連勝する。

・戸崎、吉田豊の両騎手、直線詰まって勝利を逃す。

・私が大好きなゴドルフィンの馬が、単勝2000円台の穴をあける。

・そんでもって最終は、戸崎がしっかり持っていく

ほんと、うまくやれば東京競馬は6個くらい的中できたんじゃないかと思う。

思い出すだけでも、吐き気がしてきそうな負け方である。

なので思い出したくない、早く忘れたい・・・

とはいえ

私の家は一時的に冠水したものの、台風の被害を受けずに済んだし、息子の運動会も雨の中だったが無事に終えることができた。

そして今週も競馬に参加できているし、痛恨の取り逃しだらけで、頭が沸騰状態になっているものの、3日間で16,000円の負けで踏みとどまることができている。

仕事では大きな課題や、長い期間解決できていない仕事があって、だんだん気持ちが病んできているんだけど・・・

ネガティブに考えると、小さな悩みや少しの疲れも、すごく大きく感じてしまう。

それが続くと、悩みや疲れが本当に取り返しのつかないほど巨大化してしまう。

なんとか踏みとどまりたい!なんとか勇気を出して前に進んでいきたい!

そのためにも

火曜競馬は本当に重要になる。

週トータルでプラスを勝ち取れれば、年間収支プラスに向けて再発進ということになるし、この3日間での数々の痛恨の極みも流し去ることができる。

仕事にもハリが出るし、クヨクヨすることなく前向きな決断ができる。

一旦、競馬のことを頭から切り離して仕事に邁進することができる。

負けてしまうと、今年もダメかなという気持になってしまうし、もう年末までズルズルと後退して、取り返しのつかない事態になってしまう予感がある。

仕事もキツさも倍増・・・いや、もう耐えられるかどうか・・・

そして毎晩毎晩、布団の中や行き帰りの電車の中で、なぜ、あのレースを決められなかったのかと後悔の念がわいてくる。

なんか分からないけど、必要以上に追い詰められた状況なんだな。

もう、この6頭にすべてを託すしかない状況である。

これが競馬歴30年、40代半ばのサラリーマンの渾身の単勝予想である。

行け!勝利へのゴールが待っているはずだ。

火曜・東京

2R プラットフォーマー(戸崎・矢野)

  中10週での変身期待。もう今回ダメだったら、芝では戸崎騎手は買わない。

6R ルゾンデュレーヴ(大塚・萩原)

  調教よし。距離延長と▲と内枠で積極先行抜け出し。

8R クリュティエ(山本・松山)

  メイショウダッサイと僅差のレースあり。直線芝なら逆転まで。

9R トライフォーリアル(三浦・萩原)

  祖母はゴールドティアラ。初ダートは不安も、あっさりまで。

10R レッドアステル(武・国枝)

  私の中では武騎手はこの馬のために東京参戦と見ている。人気でも勝負。

11R ハーグリーブス吉田豊・尾関)

  2年前の新馬V以来の東京。私にとっては袖ケ浦特別のリベンジをここで。