競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

真夏の浦和競馬

今日から

浦和競馬が開催される。

今開催は祝日と重なることもあり、事前の一般入場申し込みにエントリーし、家族揃って本場に行くつもりでいたのだが、結局は無観客開催になってしまった。

土日の船橋ケイバで痛い目に遭って、まだ4日しか経過していないのだが、すっかりその痛みは癒えてしまったようである。

さすがに月曜から水曜の船橋はやめておこうと思ったし、本当に偏った暦のせいで、仕事のボリュームが半端なくて疲れ果ててしまった。

朝起きて、ゴミ出しを終えて、また布団に戻ることもできたのだが、やっぱりパソコンを立ち上げて浦和競馬の予想を始めてしまった。

まぁでも本音を書けば、水曜日の夜に会社を出た時点で、浦和競馬をやることは私の中で既定の事実になっていた。

このブログを読んでくださる方であれば、オミトオシだろうが。

それでも

ひとレースあたりの賭け金については、かなり思案した。

船橋の借りを返すなら1レース2,000円と行きたいが、コメントでもいただいたように、ここで大きく負けてしまっては土日のJRAにも支障をきたしてしまう。

とはいえ、額を少なくし過ぎても、あまりハートビートしないし、的中した時の喜びも物足りない。

明日の金曜日も間違いなくやるだろうし、ひょっとしたら来週の月曜・火曜だって延長戦とか称して、喜び勇んで参戦する未来がはっきり思い浮かぶ。

やはり賭け事で勝つための一つの要素として、持続可能な勝負スタイルができていることが挙げられる。

本当は全勝したいが、それは難しい。寝苦しい夜を乗り越えないといけない時もある。

今日負けただけで、財布もメンタルも崩壊してしまうような賭け方ではダメである。

1レース1,000円で行くことにした。

1日で5,000円。5,000円全て失ってしまうと結構へこんでしまうが、昨年正月の川崎のことを思うと、今日の予算の48倍を1日で使ってしまっていたわけで、そう考えると、この金額で1日楽しめるなら、私にとってはこれでいいのかなと思う。

とりあえずチャレンジだ。

 

木曜・浦和

1R マウコノミタマ(酒井・藤原)

 1400メートルを経験しているのは大きな武器。

5R シキシマ(吉留・野口孝)

 叩き4戦目、もう少し前に行けて展開が向けばの願望込みで。

8R アザミ(中島・内野)

 距離短縮と4キロ減騎手がいい方に出れば頭まである。

10R ガンファイター(吉井・藤原)

 前回は大井とのダブル開催で乗れなかったが、今回は吉井騎手に戻って。

11R ベストマッチョ(森・佐々木仁)

 さきたま杯4着。ここでは能力断然だ。