競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

難しい、悔しい、苦しい・・・

日曜競馬も

悔しい敗北となってしまった。

痛恨だったのが、前走勝負馬で今回買わなかったというパターンで3頭勝たれてしまったことである。

・東京2R・ダノンアーリー(単払430円、しかも初ダート)

・東京3R・サイモンバロン(単払260円)

・中京3R・ヤマニンサルバム(単払720円、しかも地元馬主)

30分くらいの間に立て続けに喰らってしまったので、気分は最高にドンヨリしてしまった。

ダノンアーリーは安田隆きゅう舎の馬。中京と新潟では買ったのに東京だけ買っていない。何やっているんだろうなという感じ。

前走の内容がとても不甲斐なくて、もう買いたくないなって思っちゃったんだけど、芝とダートは別物なわけだから、もう1走粘れなかったかなぁ、悔しい!

サイモンバロンは、馬券的妙味がないと思ったし、関西からの初出走2頭が怖かった。でも終わってみれば、この結果。

260円でも2,500円買えば6,500円の払い戻しだよ。こういう的中の積み重ねが大事だって思っていたのに実行できない自分。

一番悔やまれるのが、ヤマニンサルバムだ。これだけでも仕留めたかったが、意地を張ってしまった自分がいる。

以前の記事で書いたが、私は中村きゅう舎と相性が猛烈に悪くて、メチャクチャ負の感情しか抱けなくなってしまった。

それに、前走の福島芝1200でのヤマニンサルバムの騎乗は、ホント消極的でメチャクチャ腹が立って仕方ないレースだった(そのうえ勝たれたのが、どっちにしようかなと気になっていたウインクルシャープだっただけに猶更)。

でも、今こうして振り返ってみると、今日勝つための前走だったのかなと思った。

馬主の地元中京開催で決めるために、福島で勝つわけにはいかなかった。だから後方大外ブン回しの騎乗になったというのは考えすぎか?

前回とは違って今日は内に拘る騎乗で、進路が狭くなってもこじ開けてきた今日のレース。全然前回とやる気が違ったよ。

前回買っちゃったのが運の尽き、というか私の軽率さ。こうやって根拠の薄い馬券を買ってしまうとそのときだけじゃなくて、後々の馬券検討にも影響を与えてしまうというのが競馬の怖いところ。

前回ウインクルシャープを選んで、今回ヤマニンサルバムを選んで・・・だったら最高の展開だったのだが、結局どちらも取れず。

もうイヤになる。競馬で遊んでいるのではなく、競馬に遊ばれている感じだ。

他にも、チグハグな予想だらけ。休み明けの馬でも気になったのがいたのだが、買ったり買わなかったりしていたら、買わなかったほうの休み明けが来た。

ソダシもダート2戦からの芝戻りで激変あるかもと思ったが、勇気を出せなかった。あと個人的には須貝きゅう舎も馬主もあまり好きではない。

結局買えなかった。

自分の気持ちが純粋だったら、今日はどんだけ的中できたかなって思うと気が狂いそうになる。

自分の好き嫌いを貫いたら、競馬の神様から精神的にきついシゴキを受けた感じである。

でも

一方で、勝ってほしくない馬を買ってまで勝ちたくないという意地もある。

借金350万も抱えて、意地とか言っていられるのかって?

意地も張れなくなったら、もう借金に押しつぶされるだけだよ。意地があるから借金の重みにも耐えられる。

勝ってほしいと思った馬で勝ちたい。

でもやっぱり今の自分は、それすらも貫けていなくて、勝ってほしくないわけではないけれど、あまり勝ってほしいとも思っていない安田隆きゅう舎の馬を買っている時点で、やっぱり言行不一致。

矢作きゅう舎の馬については頑張ってほしいと思うのだが、私の馬券力不足で、いかんせん狙いどころが全然読めていない。今日も嫌な結果だけが残った。

唯一の

的中は、東京8R・シャンブル。これだけは勝ってほしいと思いながらしぶとく狙い続けた甲斐があった。

なぜかこの馬主さんとは比較的馬券的に相性がよく、この馬自体も未勝利戦のときに的中させてもらっている。

コメントなんか読まなくても、中1週で続けて東京を使うところに陣営の意欲を感じたし、牝馬限定1800メートルのテレ玉杯でなく、牡馬との混合戦であってもマイルに拘ったところも馬券を買う後押しになった。

別にこの馬主さんと話をしたこともないし、どんな人なのかも知らないけれど、何度も勝負を、そして的中を積み重ねてきたからこそ、金銭的に追い詰められた状況であっても、自分の思いを貫けたのかなと思う。

とはいえ

土日トータルで、75,000円投入して、46,500円の払い戻しで、28,500円の負けは到底納得できない結果だった。

耐えられずに地方競馬に手を出してしまった。

高知、金沢、水沢のレースが続々と発走する。

だいぶ逡巡したり、締め切りもくらったりして、やっぱりやめとこうかなと思ったのだが、水沢の10Rと11Rをやった。

後出しで申し訳ないが、10Rで単勝520円が的中した。11Rは吉留騎手の馬を買ったが不的中。それでも自分の思いを貫き通せたし、8,000円挽回できて少しだけ気持ちを落ち着かせることができた。

この前の、こどもの日の船橋とその前週の浦和での負け分は帳消しにできた。

今すごく、心の中が乱れまくっている。

競馬の難しさを思い知り、自分の思い通りに結果を出せない悔しさを味わい、それでも逃げ出すことができない苦しみ。

それに加えて、仕事と家族と借金を抱えていることを思うと、気が遠くなる。

でもさ、すべては自分で蒔いた種。今は毒草だらけだが、あきらめないでよかったと思える日を迎えられるように歩み続けるのみ。