競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

悩みは尽きないが、そんなときは本屋へ

今週の

仕事も先週同様、ボリュームたっぷりで、職場での人間関係の悩みもたっぷりな1週間だった。

自分としては精一杯やっているんだけど、仕事がデキる人から見ると、いろいろダメな点があるようで。

疲れちゃった。

でも、嫌な気持ちで週末を迎えるのは、本当にイヤだったので、金曜日の夜まで精一杯あがいてみた。

世の中は生産性!生産性!というけれど、生産性の高い仕事をする人がいるということは、その裏で効率の悪い仕事を担っている人がいるから成り立っているんだよなと感じるのは私だけか。

「生産性」という言葉を「回収率」に置き換えたら、そのまま馬券の世界だ。

裏を担うのは、仕事だけでたくさんである。

それでも

職場での人間関係の悩み解決のヒントになるかもしれない本を見つけた。

官僚が学んだ 究極の組織内サバイバル術 (朝日新書) | 久保田 崇 |本 | 通販 | Amazon

借金まみれの私は、なかなか本を買うことはないのだが、時々心の琴線にふれる本に出逢うことがことがある。

今の私にとってタイムリーなテーマだったし、初版5月30日と本当に最新刊だったし、著者との年齢が近いというのも、なんか参考になりそうという期待感があった。

買ったその日に、家に帰る前のスタバで一気に読んだ。

感想としては「いい本を見つけたな」の一言。

読んでいて気持ちがラクになった。

ネット検索でたいていのものが見つかる現代だが、本屋を歩き回ることで活路を見いだせることがあるかもしれない。

さて

ここからは競馬である。

なんか先週も先々週も書いた気がするが、ここまで大変な思いをしてきたのだから、今週こそ勝利を摑みたいと思う。

ただ、ここ数週と比べて、ちょっと摑みづらいと感じるのは気のせいか。

私自身の予想そのものも、ちょっとマンネリ化してきたのは分かる。

追いかけ続けてきた馬をしぶとく狙い続けるか、見切りをつけて新しい出逢いを見つけるか。

いかんせん4週連続で結果を出せていないので、迷いがあるのは確かだ。

それでも目黒記念は何としてでも決めたい。ダービーデーはダービーが終わってからが勝負である。

まずは、その前に土曜競馬をしっかり決めたい。土曜は妻と息子と3人で久しぶりの外出である。レース結果の確認は家に帰ってから。もう息子は8歳である。

土曜・東京

3R ドリームビリーバー(戸田)

6R レッツリブオン(伊藤大)

8R ジランドール(蛯名)

9R プレシオーソ(清水久)

12R ジョディーズマロン(北出)

土曜・中京

3R ヴァレッタカズマ(安田隆

4R ギルトレターズ(安達)

6R ダークエクリプス(今野)

11R ウインモナーク(奥平)

12R エコロマンボ(牧浦)

土曜・新潟

1R カレンロマチェンコ(高柳大)

7R アイレ(青木)

9R イチゴキネンビ(小桧山)

10R サツキハピネス(寺島)

12R ノックトゥワイス(大竹)