競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

土曜競馬は回収率10%、日曜競馬で捲るのみ

なかなか

攻略が難しい土曜競馬だった。

今日勝てるチャンスだったのは、阪神1R・サンティーニだったか。

オープン2戦目、未勝利勝ちのときの2着馬は、このレースで人気していたマッスルビーチ。

馬柱だけでなく、レース内容をよく精査すれば手が届いたかもしれない馬券。

木曜日にチャチャチャと済ませた予想では、そこまで見つけるのは難しい。

馬券道っていうのは、地道な努力を続けられる人に勝利の栄冠が与えられるのかな。

土曜競馬は

45,000円投入の4,800円払い戻し。40,200円の敗北となった。

去勢明けを狙うといっても、なかなか難しい現実がある。

来ると大きいんだけど、なかなかそんな簡単には激変しない。

そういう買い方って、やっぱり邪道なのかなと思ったりして。

ずっと追っていればいつかは来るのだが、いつ来るか分からないいつかを待ち続けるのは、しんどいものである。

去勢明けに関わらず、馬券においては、どこまで追い続けるのかというのは追い始める前に決めておく必要があると痛感する。

東京12R・レッツリブオンは今回見送った。そういうときに限って一発決めるんじゃかと怖くて仕方なかったが、馬券の見極めとしては間違っていなかった。

ただ、今日の末脚はよかった。一瞬ヒヤッとした。

東京4R・ドリームビリーバーは、もう今回で終わりにする。

的中は、キングズパレスのみ。しかも単払は160円。

でも戸田きゅう舎で今年初めて的中できたのはよかった。

それにしても、戸田きゅう舎は今年3勝目。若手の調教師が台頭してきて少し時代が変わってきたのかなと思う。

とは言っても、私にとっては応援したいきゅう舎。キングズパレスはこれからも追い続けていきたい。

えっ、私に追い続けられたら、キングズパレスにとっては迷惑じゃないかって?

今の自分には、まぁそうですよね・・・としか言えない。

ビハインドで

迎える日曜競馬。こうなったら早めの的中を決めて、どんどん的中を積み重ねていくしかない。

先週みたいなことにならないように・・・

あと、木曜夜に予想した馬から何頭か入れ替えた。

やっぱり大きな一発よりも目先の的中という判断。

もう負けるわけには行かない。なんとかドロー以上に持ち込みたい。

絶対負けたくない、絶対負けたくない、絶対負けたくない・・・

気持ちだけでどうにかなるものではないが、まずは気持ちで負けないこと。

自分を信じて。あとは運の後押しがあることを願って。

今宵は時間があるので、勝負馬のあとに私のひとりごとを追記してみる。オフレコ扱いで読んでいただければと思う。

日曜・東京

1R ニシノデイジー(高木)

3R ルールオブルーラー(久保田)

8R ロードバルドル(稲垣)

11R ヴァルツァーシャル(高木)

12R バレルゾーン(高柳瑞)

日曜・阪神

4R ファンスタビライザ(安達)

7R トルナヴァ(斉藤崇)

10R エマージングロール(橋口)

11R ホウオウエミーズ(池上)

12R ラルフ(荒川)

日曜・函館

2R ブラザリーラヴ(大竹)

4R タフトテソーロ(高木)

9R コルベイユ(新開)

10R ロスコフ(久保田)

12R エスオーライアン(木原)

 

ウーン、なかなか勝てない。参ったなぁ。

でも、こんなの日常茶飯事過ぎて、本当のところは心の奥では全然参っていない。

ブログ的には負ければ負けるほど、アクセス数は増えるという現実がある。

でも、本当に参ったなぁという日はあった。今年だけでも数回。

順に追っていくと、2月5日(土)。

1月の大井、前日の川崎で心が壊れてしまった自分。それをなんとか立て直したくて渾身の単勝10,000円勝負。

小倉9R・エクロールにすべてを託した。当日にレースを見て以来、ずっと見れなかったが、やっと見ることができる心境になった。見てみる。

今でこそ、これも競馬と思えるようになったが、なんでここまで来ているのに勝てないんだろうって、得体のしれない力の存在を思い知らされた瞬間だった。

それに追い打ちをかけるように、2月12日(土)

阪神11R・ダーリントンホールにすべてを託したが、またもハナ差で取り逃がす。

エアファンディタ、今日も不甲斐ない競馬をしやがって、なんであんときだけ来るんだよって思いたくもなる。

これで前走とか前々走とかも楽勝決めていればさ、あぁ仕方ねぇなって心の整理がつくんだけどさ。

そういうことも割り切らないと、やってられないのが競馬であり馬券だって頭ではわかっているんだけど、やっぱり自分には受け入れられない現実だったな。

その後も、阪神で2回くらいハナ差負けくらったんだよ。ヤマカツパトリシア、グロー。

でもその頃には、もう僅差の勝負になった時点で負けって、自分の思考回路が塗り替えられていたよ。

人間のからだって不思議なものでさ、心が致命傷を負わないように防衛機能みたいなものが働くんだなって思ったよ。

大敗した日曜の夜って、なぜか夢精をしてしまう。パンツが冷たくなるあの感触。

からだも、心を守るために必死だったんだろうなと思う。

それでも月曜の朝、会社の門をくぐると気持ちが入れ替わるんだ。

競馬で負けたことは頭から離れないよ。でも、そんなの当たり前だって言われるかもしれないけれど、ちゃんと仕事が始まればからだが勝手に動く。

二重人格かって思うくらい、自分でも驚くくらい平然と仕事をしている自分がいる。

で、月曜の夜に会社を出るころには、まるでデトックスを済ませたような自分がいた。

月曜の夜の帰り道は、なぜかホッとする。

お金はないけど、dポイントは訳あって山ほどあったのがすごく助かった。コーヒーショップで一息つけたし、そういう時間の大切さを知ることができたから。

でも、3月21日(月)

今年というか競馬歴30年の中でも最悪な1日だったかもしれない。

西田きゅう舎の初勝利ともなる、リリーブライトの単勝を買えなかったこと、そして時を同じくして襲ってきたコロナ。

コロナを跳ね除けることができなかった自分、やっぱり相当弱っていたのかなと思う。

コロナ療養も地獄だったし、単勝を買えなかったこと後悔も地獄だった。

あのときはコメントも、今までにないほどたくさんいただいた。

どのコメントも僕の心に強く響いた。厳しいコメントも優しいコメントも。

あれから約3か月。今では貴重な経験だったなと思えるようになった。

あのとき一番心強かったのは、当たらないほうがよかったんじゃないかという趣旨のコメント。

たぶん読んで下さっている方全員が、なにやっているんだよ!と思っただろう。

そんな中で、私に寄り添って下さるコメントをもらえたのは嬉しかった。

あの頃の苦しみを思えば、もう大抵のことは乗り切れるなと思ったし、私の悪い癖である死ぬ死ぬ詐欺とか、軽々しく言うもんじゃないと思った。

死ぬこと以外はかすり傷、っていうのはちょっと違うと思うけど、まぁ精一杯やれれば、それでいいっしょというのが正直な思い。

競馬で負けたら、それ以外のことで挽回すればいい。

それもまた難しいんだけどさ。

本当はもっとブログに力を入れて、毎日更新して、アクセス数を増やしたい、たくさんの人に読んでほしい。

いや、もっと言っちゃうとバズってほしいという思いはある。

でも、福岡みなみさんとかを見ていると、競馬以上に難しいことだなと思ったりするし、やっぱり1日の仕事が終わると、ブログを更新することすらできない。

土曜の朝、土曜の夜、日曜の夜の3記事が限界だ。

自分のこころを吐露するだけでなく、読んでいただくことで馬券に役立つ情報も綴りたいとは思っているのだが、それもままならない。

私の理想の競馬ブログは、今は更新されていないのがとても残念なのだが、「大きな馬券好き」で検索すると閲覧することできる。

もうね、この方のブログを見ると、同じブログと名乗ってよいのかと思うくらい恥ずかしくなる。

内容的にもそうだし、読む人に寄り添っていることが伝わる文章。

でもさ、悲しいかな、会社では一兵隊としてペコペコしている反動なのか、ネットの世界では崇高な唯一無二の存在になりたいとか思ってしまうんだ。

それには、まず勝ち続けることが必要なんだけど、それがままならないから、カラ元気というか、文章を盛るしかないんだよな。

でも文章を盛れば盛るほど、馬券の成績は悲惨なものになる傾向にあって。

とはいえ、有言実行が最も尊いと考えると、やっぱり勝利宣言して実際に勝利するというのが僕の理想だったりもする。

もっと言ってしまえば、ネットの世界でそれを叶えることができれば、現実世界でのペコペコ状態を変えることができるのかなと思ったりもして。

あとは借金返済があるのだけれど、まずは競馬で負けないことが最重要課題と考えている。

AIなんかに屈するわけにはいかない。というかAIの背後に存在する人たちに屈するわけにはいかない。

確かに強敵なのは認める。でも、AIが幅を利かせることで生活は便利になるかもしれないが、その裏側で雇用が失われたり、一部の人間に富が集中することで、不幸な思いをしている人がどれだけ多いことか。

大した実力差がないのに、収入の差は物凄いことになっている現実がある。

世の中全般の流れを変えることは残念ながらできないが、少なくとも馬券の世界においては、指をくわえてAIの勝利を見ているわけにはいかない。

なのでどうにか、AIも考え付かないようなゲリラ的な戦い方で活路を見出そうとしているのだが、たまに炸裂しても、なかなか戦況を変えるところまでは至らない。

私のような氷河期世代の競馬で勝てない人間を養分と言うような奴から、なんとしても奪い取ってやりたいというのが、正直な思いである。