競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

なんでいっつもビハインド

なんか

とても疲れてしまった。

仕事疲れ、予想疲れ、借金疲れ、暑さ疲れ・・・

夕食前に熟睡してしまい、食後もボーッとしてしまって。

風呂から上がって三ツ矢サイダーを飲んで、ようやく目が覚めたという感じである。

日曜競馬は

的中3つ、30,000円投入して43,200円の払戻。どうにか勝利。

しかし、土曜の全額没収のダメージは如何ともしがたく、どうしてもあと16,800円分が回収できなかった。

やっぱり1日単位で、もっと言うなら1場単位でしっかりプラス収支をたたき出していかないと。途中で捲っていこうと思っても勝ち切れない。

日曜札幌4R・ゲーテが向こう正面から一気に捲っていったけどね。一瞬夢を見たけどね、まぁそんなうまくいかないね。

もう僕の馬券は、いっつもビハインド。

土曜の夜に綴るブログは、いっつも「まずは早い時間に的中を決めて・・・」とか「追いかける展開には慣れている」とか、そうやって自分を奮い立たせる記事ばかり。

だから余計に疲れちゃうし、イライラしながら、追いつめられながらの予想だし、レース見るときも同様である。

まぁ土曜競馬の予想時間がなかなか確保できない、というのも理由のひとつではあるのだが、そういう時間を捻出する力も、馬券道のスキルの一部なんじゃないかなと思う。

幸いにも、次週は木曜日が「山の日」で祝日である。

予想時間が確保できなかったという言い訳は通用しない、なんとか結果を出したいと思う。

今週の

馬券成績にはいろいろな思いがある。

正直、よくここまで盛り返したなというのが率直な思いである。

負けて満足したり、ヘラヘラしているようでは、もう終わりなのかもしれないけれど、土曜から日曜のあいだに気持ちを切り替えられたことが嬉しい。

と同時に、ゲーテのような勇気を出した勝負ができたのも自分にとっては収穫だ。

馬券としてはハズレなのだけれど、勝負の神様がいるとしたら、勇気を出せたご褒美代わりに見せ場を作ってくれたのかな。

今回7着で優先出走権は取れなかったのだけれど、もう1走チャンスはあるはず。

引き続き角田大和騎手なら、もう1回勝負したい。あとは武豊騎手なら、とも思う。

カイザーはよく逃げ切ってくれた。馬も騎手もきゅう舎も最善を尽くしてくれた。

ベッラアルバは2,600メートルのコーナー6回をコースロスなく回ってきてくれた。

そして素晴らしいなと思ったのは、新潟8R・アルファマム。

いや、なんだろうね、うん、びっくりした。

18歳だよね、レース見てもすごいなと思ったし、レース後のコメントが秀逸。

どうしても人気過剰だなと思ってしまうのだが、実はこれでもまだ人気が実力に追いついていないんじゃないの?と思うのは私だけではないだろう。

最後にふたつ。

まず、月曜からの浦和競馬は、ちょっと勝負できるコンディションではないので、一旦休むことにした。

JRAと同じ買い方ではどうしても勝てる気がしない。

そして個人的に、地方競馬(特に浦和なんだけど)とどういう距離感を取ればいいのかなという思いはある。

馬券の券種にしても、勝負するレースにしても。

やっぱり理想は2019年の頃のように、ちょっと時間が取れたときに本場に足を運んで、パドック見て、肉豆腐食べながら現金投票するというのが、一番いいのかなと思ったりして。

ちょっともう少し考えてみたい。

あと、もうひとつは馬券を買うにあたり、迷ったときに何を重視するか。

自分の備忘録の意味も含めて、書き残しておこうと思う。

・的中したときの喜びがより大きい馬

・激変要素(あるいは追い風要素)のある馬

・不安より期待の方が大きい馬

・コメント、調教ともによい馬

・ハイレベルのレースを戦ってきた馬