競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

自分の予想力を出し切ることに全力を尽くす

久しぶりに

1日に4つも的中を決めることができ、プラス収支で前半を終了した。

午後になってから、なかなかうまくいかなくて、もう人生終わったと悔いた時間帯もあったが、中京10R・ナリタブレードが馬群を縫って抜け出してきた。

ここ最近、ずっと不幸だけ押し付けられて、全然いい思いをさせてもらえないなぁって不満や苛立ちでいっぱいだったのだけれど、このレースでは、ようやくいい思いをさせてもらった、ラッキーだったと思えた。

西村淳騎手は、最後の直線で馬群が密集しているところを選択したのだが、画面越しで見ても慌てている感じがなくて、最後はアナゴサンの内から差し切るという完璧な騎乗を見せてくれた。

そのあとは、荻野極騎手が2つ決めてくれて・・・

今日勝ったくらいで借金問題は全然解消しないんだけど、今日に限っては、いいとこ取りできた感じで、不満や苛立ちを消し去ることができた。

とはいえ、馬券を買う立場の人間はレース結果をどうすることもできない。

なので、結果は欲しいんだけれど、そこに執着せずに、まずは自分の予想力を出し切ること。

自分ができる範囲のことを頑張るしかない。

そして今まで度々「結果はついてくるはずだ」とか書いてしまったが、ちょっとおこがましい態度だったなと今更ながら思う。

この件についてはコメントもいただいていて、意固地な私は抗ってしまったが、間違いだった。

実は

先月の終わりころから、神棚に手を合わせるようになった。

何度も何度もハナ差負けをくらって、さすがの私もどうすればよいか分からなくて。

まぁ、神棚に手を合わせてからも、ハナ差負けは続いたのだが、それでも土曜みたいな結果が出ると、神様というか見えない力の後押しをもらえたのかなとも思う。

借金してまでギャンブルする人間を神様がどこまで認めてくれるかは分からないが、仕事においても競馬においても、とにかく自分ができることを精いっぱいやる。

それしかないと思った。

 

日曜・中山

2R キリシマタウン(永野・天間)

3R ドリームビリーバー(横山和・戸田)

5R ブローザホーン(田辺・中野)

7R セッカチケーン(三浦・高柳瑞)

9R イヤサカ(永野・天間)

10R ボンセルヴィーソ(藤懸・池添学

11R アンクロワ(横山和・伊坂)

11R ユキノプリンセス(川島・南井)

12R エコロブラスト(石橋脩・矢野)

日曜・阪神

6R メガキャット(坂井・吉岡)

8R タガノネクステージ(和田竜・鈴木孝)

10R レッドソルダード(団野・奥村豊)

11R キミワクイーン(内田博・奥村武)

12R ラインオブフェート(坂井・田島)

日曜・中京

1R トラーパニ(福永・上村)

9R スーパーホープ(川田・藤岡)

10R メズメライザー(大野・千田)

11R ポタジェ(吉田隼・友道)