競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

とにかく勝つしかない、川崎参戦

水曜日の

川崎競馬の勝負馬である。1レースにつき単勝2,000円。

全勝目指して邁進あるのみ。

土日の競馬で不甲斐ない結果に終わって、悶々としているよりは目先の勝利を目指すのが一番だと思った。

仕事やりながら南関の競馬も予想していたら、身がもたない気もしなくはないが、もう耐えられない。

勝つことでしか、今の状況を打破する術はない。

可能性が低くても、突き進むしかない。

流れが悪かろうが、借金が増えようが、勝利に向かって一意専心。

勝てば、流れなんて気にならないし、借金だって大なり小なり減る。

運も実力のうち。とにかく心を無にして。

負けたらどうしよう・・・やっぱり完全に心を無にできない。弱い自分がいるのは認めざるをえない。

もし負けてしまったら、負けた分以上に仕事を頑張ればいいじゃないか。

とは言え、残業抑制の方針が出ている。

すっかりご無沙汰してしまった派遣の仕事を再開するか?

でも、やってみて分かったのだが、実は本業より大変だった。すっかり怖気づいてしまった。

となると、やっぱり負ける恐怖を乗り越えて勝負するしかない。

競馬で勝つのは容易なことではない。

でも100人中1位か2位までに入れば、勝ち組になれると思っている。

2人の勝者と98人の敗者。

厳しい世界だけど、なんとしてでも勝者の椅子に座りたい。

 

水曜・川崎

3R ミトノマジック(伊藤裕・鈴木義)

4R ロワルゼル(森・高月)

5R タカラチーター(真島・内田)

6R ラピッドフロウ(和田・今井)

8R サンオルソーライズ(町田・内田)