競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

二の矢三の矢繰り出せず、惜敗の土曜競馬

一瞬夢を見たが

圧倒的勝利を決めることができなかった。というか勝てなかった。

土曜の京都2Rで小牧騎手のタガノウィリアムが、鮮やかとは言えない、実にしぶとい逃げ切り勝ちを決めてくれた。

単勝1,620円で、圧倒的な勝利に向けて驀進開始!とテンションが上がったのだが、それ以外のレースは、毎度毎度のチグハグで、的外れな馬券のオンパレードになってしまった。

東京ではラストエクセル、京都ではクリノカサット、新潟ではワンアフター・・・

ホント自分でも馬券センスがないなと思う。スタート前から負けが決まっているところに賭けてしまったのかと思うと、本当に虚しくなる。

京都新聞杯のシルヴェリオは、あまりにも暴走逃げとなってしまったが、そこはダービー出走に一縷の望みをかけての作戦だったのだから、それは競馬の範囲内。

今日の無念をどうやって私の心の中で水に流して、次回出走時に正しくジャッジできるか。

泣きっ面にハチになってしまう場合もあるし、もしかしたら歓喜に向けての第一歩を踏み出したのかもしれないし・・・

なんとも

歯痒い土曜競馬だったが、十分に日曜競馬で反撃可能。

これからじっくり予想して、明日こそ圧倒的勝利を決めたいものである。

毎度のことになるが、午前中、特に1Rで1個でも決めれば、勝利が見えてくる。

全部で9個くらい当たってもおかしくないと思っているのだが。

 

日曜・東京

1R サイモンベラーノ(根本・野中)

3R コスモタイシ(津村・高橋祥)

5R セイウンパワフル(田辺・斎藤)

6R セイウンデルレイ(江田照・深山)

9R ヒシゲッコウ(レーン・堀)

11R プリンスリターン(原田・加用)

日曜・京都

1R トレッファー(酒井・本田)

4R クリノティファニー(藤岡康・須貝)

6R ユキノグローリー(川島・南井)

8R ウルクラフト(松山・吉村)

10R ヴェスターヴァルト(菱田・加藤征)

12R メラン(幸・奥村豊)

日曜・新潟

1R メイショウトラヒメ(古川・南井)

2R スナークダヴィンチ(岩田望・野中)

4R スモークフリー(石神・戸田)

8R ウインメルシー(柴山・鈴木伸)

10R フジマサアクトレス(西田・菊川)

11R ケイデンスコール(中谷・安田隆