競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

ついに願っていたことが現実に

土曜競馬は

1頭返還を含めて、37,500円投入し、210,750円の払い戻し。173,250円の勝利となった。

いきなり福島1Rが的中して、いい流れになったと思ったが、福島で4つも的中できるとは。

福島5R・トワイライトタイムを選べば、福島はパーフェクトだった。

いやいや、それは難しいだろうと思うだろうが、五十嵐きゅう舎、三田オーナーの組み合わせで先週日曜日に単勝を決めた自分にとっては、とても気になる1頭だった。

でも、なんかあとちょっとのところで決断できなくて。

単勝27.6倍だったから、69,000円さらに上積みできたと思うと悔しい。

もう一つ悔しいのが、東京7R・ターニングアップ。

地方から復帰初戦でミルファームの馬、これも非常に気になっていたのだが、夜中の時点で単勝30倍前後で、ちょっとビビッてしまったというのが正直なところだ。

地方からの復帰戦・・・リリーブライトの教訓を生かせなかったのは自分にとっては悔やまれる。

単勝58.4倍だったから、146,000円さらに上積みできたと思うと悔しい。

ただ

そんな暗雲を吹き飛ばしてくれたのが、東京8R・グリンデルヴァルトだった。

この馬を買った理由は、前走買ったから。

前走も1番枠で、前々の競馬。前走は止まってしまったけれど、東京開幕週で再び1番枠なら行ったっきりがあってもと思った。

ちょっと折り合いを欠いていて、さすがに飛ばし過ぎかと思ったが、あそこまで差が広がってしまえばこっちのものである。

鞍上は誰かと思ったら、なんと長岡騎手。

これは騎手を見ずに買ったのが功を奏した。騎手見たら正直言って買えなかった。

そして単勝がなんと驚きの4,200円。夜中の時点では20倍前後だったので、これは珍しくいい方に激変してくれた。

AIもさすがにここまでは予想できないのだなと思った。

今日は

息子の眼科の付き添いで、朝から病院だった。家に帰って昼飯を済ませてからまとめて結果をチェックしたので、本当に続々と当たって、部屋でひとり叫び続ける感じだった。

これから息子の眼鏡を買いに行きつつ、妻にも何か服の一つでも買ってやりたい。とにかくうれしい1日。

この嬉しさを無にしないためにも、明日も今のよい流れを継続させたい。プラマイゼロからの気持ちで・・・