競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

日曜は敗北、それでも3つ決めたのは収穫

日曜競馬は

的中3つ。40,000円投入して22,500円の払い戻し、17,500円の敗北に終わった。

土曜日の勝ち分を削ってしまった点で残念な結果に終わったが、よく粘ったほうかな。

日曜東京と日曜福島はこれが精一杯の予想だと思う。

ただ日曜阪神は、土曜に続き的中なしに終わってしまった。

まず、矢作きゅう舎の狙いどころを間違えた。

とはいえ、前記事でも書いた通り、勝ち数も多いが負け数も多いきゅう舎。好配当の宝庫ではあるのだけれど、貧乏くじも多い。

馬券を的中して喜ぶ人も多いが、陰で泣いている人も多いはずだ。だから狙いどころを間違えてしまうのは仕方ないのかなと思う。

日曜の矢作厩舎で唯一勝ったのは、ミスターホワイト。ダートから芝に切り替えての快勝。激変要素はあったのだが手が出なかった。見逃し三振。

芝からダートは買えるのだけれど、ダートから芝はどうしても買いづらい。

なんか、今年だけでもかなり痛い目に遭っている気がするのだけれど、なかなか。

そして実は今日一番痛恨だったのは、阪神10R・レザネフォールの初ダートを見落としてしまったことだ。

気付いた上で、買えなかったというのなら仕方ないのだが、このレースは以前に的中したことがあるムエックスで頭がいっぱいになってしまって、レザネフォールのことをまったくマークできていなかった。

気付いたからって、買えたかどうかは分からない。結局ムエックスを買ってしまったかもしれない。でも激変要素はこの馬が一番だっただけに、僕の詰めの甘い部分が出てしまった。

騎手と斤量を

予想の材料から外すという選択は、今週のところは成功に終わった。

ただいわゆる、初ブリンカー効果だった可能性もあり、来週以降にその結論は出ることになる。

これは奇策なのかもしれないが、いい意味でも悪い意味でも騎手に振り回されていた自分にとっては、フィットした策なのかなと思う。

ついでに言うと、私はパドックも調教もコメントも、予想の材料から外している。

そのかわり馬柱をしっかり見ましょう、あとできるだけレースリプレイを見ましょうということを心掛けている。

どうしても脳ミソの制約と時間の制約がある以上、AIには敵わないだけに、スモールベースボールならぬ、スモール馬券予想で、また来週も頑張るしかない。