競馬を続けた先にある世界

ギャンブル障害を抱えながら、それでも競馬で勝ちたい思いを捨てられない40代父親のブログです。

15戦1勝も、アスクワイルドモアに救われる

最近

宇徳敬子さんの曲が私の中のヘビーローテーション

特に、『あなたは私のENERGY』が大好き。

私のような40代後半のおっさんなら、一度は聴いたことあるんじゃないかと思う。

『あなたは私のENERGY』は、1995年発表というから、もう27年も前か。

俺、20歳だったか・・・

まだあの頃は、文化放送で全国歌謡ベストテンもやっていたっけ。あの番組が終わってから音楽の流行についていけなくなった。

ちなみに1995年のNHKマイルカップの勝ち馬は・・・

存在しない。

当時はまだダービートライアルの第43回NHK杯(GⅡ)だった。勝ち馬はマイネルブリッジで鞍上は田中勝春騎手。

田中勝春騎手は前の週の第2回テレビ東京青葉賞(GⅢ)もサマーサスピションで制しており、まさに絶好調という感じだった。青葉賞中山競馬場のクリスタルコーナーの指定席で観戦したのだが、すごい歓声だったのを覚えている。

懐かしすぎるな。

さて

土曜競馬。何はともあれ勝てたのはよかった。

37,500円投入して、44,500円の払い戻し。

しかし、新潟1R・サトノファイターをはじめ、結構吟味して予想したつもりではあったが、終わってみればカラ回り感が半端ない結果だった。

私の好きなダンカーク産駒が3勝もしたのに一つも仕留められていないし、とても気になった中京5R・ヤマニンゼストもなんだかんだで買わずにいたら・・・

やっぱり1日約500頭も出走するとなると、どうしても迷ったり見落としたり、いろいろなミスをしてしまう。

ミスして当然って思いつつ、やっぱりミスりたくない。

ただ、その一方でアスクワイルドモアはいいタイミングで買うことができてラッキーだった。

この馬、2歳未勝利戦で一度買ったことがあるのだが、そのレースでは勝てなくて次走買わない時に勝たれてしまった記憶がある。

そして今回、GI出走歴があるのが買う決め手になり、過去に1回買ったことある分だけ手を出しやすかった。そう考えると過去のハズレも無駄にならなかったし、今日のところは格重視の選択がよかった。

とにもかくにも、騎手と斤量を見ない予想にしてから、以前より馬柱を丹念に見るようになったのは確かだ。

明日もその成果が出てくれればうれしいのだが。

日曜・東京

2R カナラクリーク(手塚)

6R プルスウルトラ(手塚)

8R プレシオーソ(清水久)

10R ウインマイティー(五十嵐)

12R ジョディーズマロン(北出)

日曜・中京

1R エピックジョイ(武幸)

3R ダイナミックリュウ(吉村)

5R ヴァレッタカズマ(安田隆

10R カジュフェイス(森田)

11R チュアリングソング(青木)

日曜・新潟

1R オースミメッシーナ(宮本)

2R アジュール(今野)

5R トプカプパレス(田中博)

10R トキメキ(斎藤誠

11R シュヴァリエローズ(清水久)